エゴスキュー概要

体験者の声をご紹介

推薦の声をご紹介

サービス

メディア紹介

スタジオ紹介

スタッフ紹介

お役立ち情報

イベント情報

トレーナー養成コース受講者

会社概要・お問い合わせ

エゴスキュー体験者の声

ぎっくり腰やしつこい腰痛を解消し、夢のホノルル・マラソンを完走!

金枝好光(かなえだよしみつ)さん (60歳、栃木県)
   

金枝好光 さん

平成22年3月の定年退職を機に、私はかねてからの夢であった「ホノルルマラソン」への挑戦を、いよいよ現実に移そうと決意しました。しかし、4月29日に参加したマラソン大会で、走っている途中に大腿部が痛みだし、その痛みが取れないまま、5月に行われた大会ではわずか1.5キロ でリタイヤしてしまいました。

またここ数年、約2ヵ月周期でぎっくり腰になり、腰痛が続くこともしばしばでした。一度起きると痛みが治まるまでには、約2週間かかりました。鍼と電気療法、また、マッサージによる対症療法で痛みは治まっても、腰の張りはとれず、また、痛みがようやく治まって2ヵ月も過ぎた頃には、また発症……、と、その繰り返しでした。

そんなこともあり、「やはり『ホノルルマラソン』なんて、自分には遠い夢にすぎないのだろうか……」と思い始めていた、6月頃のこと。「腰痛」をキーワードにインターネット検索していると、「エゴスキュー」という言葉に、はたと目が止まりました。

「完走できた」その感激は、今でも忘れられません!

そのDVDの内容に従ってコツコツと運動を続けていたところ、わずかひと月、7月上旬には痛みを感じなくなってきました。そうして8月1日の日光杉並木マラソン10キロの部で、タイムはともかく、「完走できた」その感激は、今でも忘れられません!

その後、更なる改善のために、8月にエゴスキューの個人セラピー申し込みました。そのときにはまだ、今年のホノルルマラソンは断念しようと思っていた私でしたが、エゴスキュー・セラピストの方から、「金枝さん、大丈夫ですよ。ホノルルに行きましょう!」との励ましを受けました。その言葉に背中を押され、私は、「もし走れなければ、観光だけでも……」そんな気持ちで、とう とうホノルルマラソンの申し込みをしたのでした。

こうして迎えた、12月のホノルルマラソンの本番。実は、フルマラソンへの挑戦は、このホノルルマラソンが初めてだった私――。初めてのフルマラソンを海外で、というのは、まさに冒険でもありました。

実際、30キロ過ぎからこれまで経験したことのない苦痛に見舞われました。そうして35キロを過ぎる頃には、ほとんど歩いてしまっていました。しかし、それでも何とか、ゴールに辿り着くことができました。
5時間13分17秒――ゴールの瞬間、これまで支えてくださった方々の顔が次々と浮かんできました。「皆さん、ありがとうー!」、心の中で叫びました。


ファンクションランの練習だけで10kmマラソンを好タイムで完走!今後パフォーマンスアップが期待できることにわくわく。

F.Mさん (30代、女性、東京都)

f-m%e3%81%95%e3%82%93 

   
肩こり、首凝り、腰痛、膝もたまに・・・となんだか少しずつ痛かったり不調だったり・・・ただ、日常生活に支障があるわけでもなく、登山やジョギングもしている、一般的には元気で筋力もある私。

ネットで検索した体操をしてみたり、マッサージにいったりしましたが、効果はいまひとつでした。これは不調があるところを1箇所ずつトレーニングしてもダメそうだなあ、体全体のバランスが良くないのだろうなあ・・・とここ数年思っていました。そこで出会ったのがエゴスキュー。

思い切って個人セラピーへ。

個人セラピーでは、上半身の運動をしているのに下半身の筋肉の使い方が変わる事を実感。全身の筋膜がすべてつながっているためだということを知り感動。そして、ずっと気になっていた自分の体のねじれ方や姿勢のおかしいところがわかりすっきり。使っていない筋肉があることを知り、今後パフォーマンスアップが期待できることにわくわく。体のねじれ等の状態が少しイメージできるようになったので、日常の姿勢を気にすることができるようになりました。そして、家での毎日のエクササイズで少しずつ痛みの各箇所の改善が見られてきていました。信じてやってみられる毎日はなんだかいい気分です。

そして、セラピストさんにお勧めされたのが、ファンクションラン(※)。

歩くくらいゆっくり走る?体の調整にスポーツ選手もやっている?高齢者でも運動嫌いでもできる?体に負担が少ない?不思議な情報ばかり。

ちょうどファンクションランの翌週に自身が10kmのマラソン大会に出場することもあり、参加費もお手頃でしたので知人を誘って参加しました。ゆっくり走るというより、上にちょこっと弾みながら足をその場に下ろし少しずつ進む、そんな感じのファンクションラン。息も切れずおしゃべりしながら、体はぽかぽか、紅葉しはじめた木々を見ながらの気持ちよいものでした。

しかし、うれしいびっくりはその後!

40分ほどのランの後、坂道を登ってみると、足が自動的にすっすっと軽く上がっていきます。おおっ、なんだ、この感覚は!!おもしろすぎる。こんな風に山を登れたらたまらないなあ~。次に、ダッシュをしてみると、体がすっすっと前に進みます。足にばねがついたよう、体に推進力が加わったような感じです。

40分動いて疲れたどころか、体が軽くなったというか体の動きがよくなっていることに、おもしろびっくりでした。

あまりに面白かったので、ファンクションランイベントの帰りも1駅分お台場をファンクションランして帰り、次の日も、お出かけ時に2駅分ファンクションランで移動しました。ラン後のすっすっと進む感覚を街中で楽しんでしまいました。

さて、10キロマラソン大会までの1週間。ほとんど練習できていない上、今週もなかなか走る時間がないな~と思っていました。そこで、いつも自転車で通勤している2kmをファンクションランで行ってみることにしました。
   

ファンクションランのいい所

普通の格好で、スニーカー程度でできて、息も切れず、それほど汗をかかない、動きが大きくないのでリュックであれば荷物のゆれもあまり気にならない。日常の移動に使えるので、日頃の生活に取り入れやすい。おかげで、大会までの毎日行うことができました。

さて、10kmマラソン当日。ここ1週間の練習はファンクションランだけ。
いいお天気の中スタート!久しぶりの長距離でしたが、安定したペースで気持ちよく走ることができました。60分を切ることが目標でしたが、タイムは56分28秒!なかなか速いペースで走れていました。ゴール前にダッシュができるほどでしたので、もう少しがんばれたかも(笑)。

日常のエゴスキューのエクササイズとファンクションランによって、いい感じで体が動かせていることを実感しとてもうれしく思いました。

ファンクションランは「体の使い方や機能(=ファンクション)のための ラン」という意味なのでしょうが、ファンクションランの「ファン」が私の頭の中ではいつのまにか「楽しい」にすりかわっていました。体も気持ちもアップするファンクションランでした!

 

ファンクション・ランとは?
エゴスキュー独特の非常にゆっくり走るランニングです。歩くようなスピードでゆっくりゆっくり走ることで体がリラックスでき、軽い痛みの解消、運動機能向上、歩行の安定、呼吸がしやすくなるなど全身の機能をアップさせます。

ファンクション・ランの様子を、下記からご覧いただけます。
さらに詳しくお知りになりたい方は、個人セラピーの際にお聞きください。


エゴスキューエクササイズで身体のコンディションを整えたおかげで、世界でもっとも過酷と言われているサハラマラソン、ブラジル・ジャングルマラソンを完走することができました。

川島孝一(かわしまこういち)さん (30代、兵庫県)
【NPO職員】

   

川島 孝一 さん

100キロマラソンに挑戦するため、練習中に足首、膝、股関節を痛めてしまいストレッチを行って痛みを良くしようと思っていました。
ですが、なかなか治らず、以前アメリカのアンソニーロビンズ氏のセミナーに参加したことをきっかけにエゴスキューを知り、そのことを思い出して、本を買いエゴスキューを実践。

実践して5日後に痛みが少なくなり、びっくりしてトレーナー養成コースを受ける事を決めました。

僕は以前、フィットネスジムのインストラクターを行っていたので、体のことについては一般の人より詳しいと思います。
ですが、エゴスキューで学んだことは、今までの僕が知っている知識とは、まったく違う内容で、とても面白くエゴスキューのことがどんどん好きになって行きました。

今でも走る前には、必ずエゴスキューエクササイズを取り入れています。

   
2013年6月サロマ湖ウルトラ100キロマラソンを12時間台で完走。
2014年の4月には、サハラマラソンを完走。(244キロ)
2014年10月には、ブラジル・ジャングルマラソン(275キロ)
日本人初のチームとして、チーム部門優勝をさせて頂きました。

身体のコンディションを整えてくれたのは、エゴスキューのおかげだと思っています。
これからも日々楽しみながらエゴスキューを取り入れワクワクする事に挑戦して行きます。

2015年の春にはトレーナー認定試験を受け、全国で自分の話を入れながらエゴスキュー体験会を行って行きたいとワクワク思っています。

※サハラマラソン、ジャングルマラソンのときの映像なども、ぜひ、ご覧ください。

サハラマラソン映像はこちら▼
(広告映像の後に、本編が始まります。)



サハラマラソントップニュースとして、取り上げていただきました。

ブラジル・ジャングルマラソンチーム映像はこちら▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
孝一君達は、以下の思いでチャレンジを行っています。
エゴスキュージャパンでは、引き続き彼らの挑戦を応援していきます。
皆さんも、一緒に応援してくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TeamAHOの想い

Team A 明るく
    H 他の誰かを
    O 応援する ぼくたちの挑戦で!! 

誰かの挑戦が 誰かの勇気につながる
誰かの挑戦が 誰かの幸せにつながる

できるかできないかは、わからないけど挑戦してみたい。

挑戦して達成する事で、それが誰かの力になったり
誰かが自分の可能性に気付いたり
誰かが一歩を踏み出すきっかけになったら僕らは嬉しいです。

続けること。

失敗しても挑戦して諦めなければ、目標や夢は必ず実現できる。
ワクワクすることや挑戦する事は、みんな違います。
でも、自分の中の「壁」と思っている事は、必ず超えられます。

自分がワクワクして挑戦した事が、誰かの喜びや幸せにつながる。
そう信じて僕らは笑い楽しみながら挑戦していきます。

これがTeamAHOの想いです。

TeamAHO ホームページはこちら


腰椎分離すべり症を克服し、見事フルマラソン完走!

大野浩さん (55歳、兵庫県)
   

ohonohiroshisan13 ohonohiroshisan10 ohonohirosisan12

   
私は39歳でマラソンを始め、フルマラソン42回完走という実績があるのですが、40代半ば頃からたびたび故障に見舞われるようになりました。

ふくらはぎの肉離れ3回、足首骨折、足首捻挫・・・。しかも負傷するのは、いつも左足です。

2013年3月には、腰の右側に痛みを覚え急激に症状が悪化。寝返りがうてず、朝起き上がるのに20分もかかり、100メートルも歩けば右足全体がしびれ、その場にしゃがみこみ、5分以上立っていられなくなるなど、不調をきわめていました。

整形外科では第4・第5腰椎分離すべり症と診断されましたが、ステロイド注射が効かず、鎮痛剤を内服するのみでした。整体2ヶ所、中国鍼(はり)も試しましたが、腰痛と足のしびれは全く改善せず、結局、中止することに。

そんなある日、雑誌に掲載されていた「エゴスキュー体操」を試したところ、痛みが軽くなったような気がしました。

名古屋スタジオに電話すると「個人セラピーをお勧めします。」と言われ、私はその言葉を信じて、2013年7月に初めてセラピーに臨みました。

ohonohiroshisan11
「1年後にフルマラソン復帰」「故障のないランナー」という目標を立て、結果・・・セラピーは魔法ではなかった。体験談のように一瞬では治らずEーサイズは痛い。ましになったと思っても帰りの新幹線では痛い。それでも自宅ではEーサイズを毎日欠かさず実行しました。

(※E-サイズとは、エゴスキューのエクササイズのことです。)

すると・・・

セラピーを開始して2ヵ月後、同僚から「少し腰が高くなったね」と言われ、セラピーを開始して3ヵ月後の6回目のセラピーでは、初めて痛みを感じず、いつの間にか長い距離を歩けるように。

痛む時にはいつでもどこでもE-サイズ。

主治医もビックリ!

そして、セラピー開始から10ヵ月後の2014年5月には、整形外科でMRIの画像を見た主治医が驚きの声をあげました。

「おおっ、腰椎のすべりが元に戻りましたね!」

2014年,2015年の北海道マラソンでは・・・

そうして、セラピー開始から1年後の2014年8月。当初目標に掲げていた通りに、北海道マラソンにエントリーし、約2年ぶりにフルマラソン復帰を果たしました。途中、足腰に違和感が出たらショルダーロールズ(肩を回すEーサイズ)。すると、違和感がなくなっていく。

何度も両肩を回しながら身体と対話を繰り返し行い、42,195キロ完走。

そして更に1年後、2015年の8月の北海道マラソンもE-サイズで腰痛をかわし、4時間22分50秒、前年より15分早くゴールしました。

記録は平凡ですが、この2年間故障なし。

これからも自分と対話しながら息長くマラソンを楽しみたいと思います。

また、ふくらはぎが細くなり、長時間走っても筋肉がつらなくなったことに気付きました。セラピストから「体幹を上手に使えるようになったのでしょう」と言われ、2015年9月の写真には、セラピーを開始した2年前とは別人のようにまっすぐ立つ私の姿がありました。

ohonohiroshisan15

現在、個人セラピーに通って2年になります。軽い腰痛は今も断続的にやってきますが、E-サイズをすると落ち着きます。痛みは不調を知らせる身体からのメッセージ。薬でごまかすのではなく、身体の声を聴き良い姿勢をとれば、痛みは和らぎ快適に過ごすことができます。

痛みに支配されるのではなく、痛みを利用し自己をマネジメントする。エゴスキューは新たな人生を切り拓いてくれました。



このページでご紹介している体験者の喜びの声は、個人の感想であり個人差があります。効果効能をうたうものではありません。 こちらのページで紹介している映像、写真を含むすべての情報には肖像権および著作権が含まれています。一切の転載、転用はご遠慮ください。 お知り合いにご紹介いただける際には、このページのアドレスをそのままご紹介ください。