エゴスキュー体験者の声

1 2 3 4 5

45度に曲がった腰がまっすぐに改善し、別人に!!


山崎マサ さん(セラピー前)
山崎マサ さん(セラピー後)

セラピー前(上写真)、セラピー後(下写真)

※効果には個人差があります。本写真は実施例であり効果効能を保証するものではありません

 

山崎マサ さん 72歳 青森県

42歳の頃に尾てい骨を強打し、痛みを解消するために整形外科、整体、カイロプラクティック、鍼・灸・マッサージ、他に120万円の磁気のベット・掛け布団、40万円のマッサージ器、30万円の浄水器など・・・色々なものを試しました。中には、一時的に痛みをやわらげてくれたものがありましたが、根本治療ができる方法がありませんでした。

その後、ダメージを受けた骨盤から少しずつ曲がり始めて気がつけば45度まで背中が曲がってしまったのです。

うつぶせになっても脊髄(せきずい)の腰の部分がラクダのこぶのようにでていて、足のしびれ・けいれん・くるぶしには水がたまり、朝は目が覚めても1分以上かけてベットから降り、リビングまで張って起きてくるという状態でした。

そんな時、エゴスキューに出会い、いくつかのエクササイズを行ったところ、腰が伸びるのを感じ「もしかしたら、治るかも知れない」と希望を持ち、「個人セラピー」に通う事に。

「この腰は死ななきゃ治らない」と思っていましたが1回の個人セラピーで腰がまっすぐに伸びたのです!!

腰の調子が良くなった事で気持ちも若返りました!


寝ることすらできない腰の激痛が改善し、
まわりの人に「良かったね」と言われます

 

  • 写真上:初回の個人セラピーの時に撮影。立っても座っても歩いても寝ていても激痛があった時期。写真は痛みをかばうため姿勢が大きく右前方に傾いている。
  • 写真下:8回目の個人セラピーでの写真。この頃には腰の激痛はほとんど解消し、職場のまわりの人も姿勢の変化やスイスイ歩けるようになった歩き方を見て「治って良かったね」と声をかけてくれるそうです。

※効果には個人差があります。本写真は実施例であり効果効能を保証するものではありません

Y.M さん  53歳 滋賀県

最初は座骨神経痛ではないかということで、かかりつけの医院で言われ整形外科を紹介され、椎間板ヘルニアによる左足への神経の圧迫が原因と診断されました。

10月から3月までの約半年間、整形外科で処方された痛み止めを服用しつつ様子を見ていくという治療でした。

椎間板ヘルニアは痛み止めを服用しつつ様子を見ていくことで自然に治ってくるとのことでした。しかし一向によくならず、でした。

そんな折、新聞の本の紹介欄にあった『腰の激痛、しびれを自力で治す新常識』(マキノ出版ムック『安心』特別編集)でエゴスキューが紹介されており、早速本を取り寄せました。本の中に紹介されていた体験説明会にも参加し、その後「個人セラピー」を受け、作ってもらったメニュー表に従ってE-サイズ(エゴスキューの体操)をしていくうちに少しずつ改善され、個人セラピー5回目を過ぎたあたりから大きく変化が見られました。

最初に座骨神経痛と言われた時からちょうど1年経ちました。本当に元に戻るのか不安が大きかった頃のことを思い返せば、今よく元に戻れたととても嬉しく思っています。

よく「年だから仕方ない」とか「筋力の低下」で仕方ないとあきらめている人もいると思いますが、決してそうでないです。正しく治療していけば必ず元に戻ります。


テレビで見たことがきっかけで・・・手術をくりかえした腰痛が落ち着いて、2年ぶりに友達とランチに行けました!

亜由さん体験談あゆみひめ
亜由美姫 さん
40代 埼玉県

私は出産後、急に体重が増え、慣れない育児も加わり、腰への負担が増えて椎間板ヘルニアになってしまいました。

そして夜も眠れぬ激痛に耐えられなくなり、30歳の時に手術しました。その後も坐骨神経痛を繰り返し、43歳で椎間板ヘルニアが再発してまた手術。さらに45歳で半月板損傷により右膝の手術をしました。

「もう一度普通に歩けるようになりたい」

「走れるようになる」と言われた膝の手術でしたが、一歩歩くたびにつれるような痛みが残っていました。そんなわけで腰や膝に痛みがありましたが、『もう一度普通に歩けるようになりたい』という思いは消えませんでした。

しかし二度と手術はしたくなかったので、整形外科に置いてある、腰痛体操や膝の筋力アップ体操のパンフレットを持ち帰ってきては家でやっていましたが、動かすと痛みが強くなり、怖くて自分一人では体操に取り組めませんでした。

テレビをみて、、、「これだ!」

そんな時、あるテレビ番組で、某有名女優さんが、「80歳になっても90歳になっても筋肉を鍛える(再教育する)ことができるという『エゴスキュー』にはまっている」と話しているのを聞いて、『これだ!』と思い、エゴスキューにかけてみることにしました。

マシーンを使わず自分の体一つで無理なくできるという点にも興味が湧きました。

個人セラピーでは、自分の体のゆがみについて教えていただきました。ゆがみ改善の体操は難しいものではありませんでしたが、はじめは体を動かすことにより腰や膝に違和感があり、怖くて一日置きにメニューをしていました。すると、だんだん体が慣れてきて毎朝晩に体操ができるようになりました。

2年ぶりに友達とランチへ!!

2ヵ月続けたあたりで、歩幅が広くなってきて、階段を手摺りにつかまらずに足を左右に出して上ることができ、家族からも歩くスピードがアップしたと言われました。まだ、膝の痛みは続いていますが、2年ぶりに友達とランチに出かけることができました。腰の調子も落ち着いていて、今のところ坐骨神経痛の再発はありません。体調不良で7月に退職を余儀無くされましたが、何とか膝の痛みを克服して復職することが私の最大の目標です。

痛みを抱えた皆さん、手術に頼らず自分の筋肉の再生能力を信じてみて下さい。
何かに取り組むか取り組まないかは自分の意思一つで決まります。
健康で長生きするために、一緒に頑張りましょう!


車いすの可能性もあった脊柱管狭窄症の痛みが消えた!

池上武(いけがみたけし)さん (68歳、福岡県)
   
池上武 さん

私は家族からあきれられるほどのゴルフ好きです。毎日のように練習場に通い、月に4~5回コースをまわる生活を40年近く続けています。ゴルファーには腰痛がつきものですが、やはり私も、ひどい腰痛に悩まされ続けました。

1年に2~3回はギックリ腰になり、その後、脊椎分離症も経験しました。しかし、治療をして痛みが治まるとゴルフを再開し、また腰痛を起こす。そんな繰り返しでした。こうして、だましだまし腰痛と付き合っていましたが、4年前、とうとう脊柱管狭窄症になってしまったのです。

この痛みは耐え難いものでした。20~30m歩いただけで股関節から太もも、ひざ、足首にかけてピリピリ!!と激痛が走ります。医師からは、「手術以外の治療法はありません。」と言われ、車イスになる可能性も覚悟しました。

毎日1時間のエクササイズ、3日目に効果、2ヶ月後に痛みが消えた

池上武

私は恐ろしくなり、手術以外で痛みを改善する方法はないかと必死で情報を集めました。そして、エゴスキューに行き着いたのです。私はわらにもすがる思い出、エゴスキューのセラピースタジオに連絡をしました。そして、セラピーを受けたり、DVDを見たりして、エゴスキューのエクササイズのやり方を覚えたのです。

それからは、毎日1時間、エゴスキューのエクササイズを行いました。すると3日目には、はっきりと効果を確認できました。確実に痛みが改善していたのです。これはすごい、と思いました。なんと、2ヶ月後には私の腰痛はすっかり治まり、普通に歩けるようになったのです。もちろん、ゴルフも再開できました。

体も引き締まり若返った!

今もエゴスキューを続けています。そして以前より代謝がよくなったのか、1日1回だった便通が3回に増えて体も引き締まりました。若返ったねと同年代の友人から羨ましがられています。これもすべてエゴスキューのおかげ。感謝の気持ちでいっぱいです。
   

上記、体験談をいただいてから4年。
池上さんの最近の様子をお聞きしましたので、お知らせします。


池上さん・1

1.体験談から4年後、今はどんな生活を送られていますか?

今、72歳です。今でも毎日ゴルフをしています。
ゴルフコースに出るのが月8~10回程度。

出ない日の日課は、インターネットを使った個人的な趣味と、ゴルフの練習場にて3時間くらい打ちっぱなし。そして、スポーツジムでエゴスキューのEサイズを1時間くらい。さらにランニングベルトの上で、ファンクションラン(エゴスキューの走り方)を40分くらい行うか、プールで500m~1,000m泳ぎます。夜は、ゴルフ仲間たちと、月に3~4回は食事会に出かけて楽しんでいます。

2.エゴスキューを続けていて良かったことは?

70歳を過ぎてから、体の変化をますます感じるようになりました。

若い頃は、無理やりストレッチをやって、筋肉を伸ばしても大丈夫だったのが、今は、無理やり伸ばすと筋肉が痛くなります。筋肉を伸ばした後に、元に戻ろうとするような痛みが出ます。

若いころとは違ったメンテナンスが必要で、エゴスキューはとても良いです。Eサイズは、丁寧にゆっくりやるのが大切だと思います。

ゴルフのコースに出たり、練習をすると、あちこち痛みが出てくることがあるのですが、Eサイズを10個くらいやると、大体、取れてしまいます。

普通の人は、痛みがあると不安に思って怖くて動かなくなってしまう人が多い。でも、私は自分で治せると思うから不安がないです。私の場合、ゴルフののスイングが悪いと、左の股関節が痛くなります。その時はタワーをします。すると楽になります。何をやれば良いかわかっていると、怖くないです。

病気は薬を使って治すよね。治ったらそれで終わり。痛みもそうだと思っている人が多い。でも、腰痛などの慢性の痛みは、姿勢を戻さないと治らない。私もエゴスキューをはじめた最初のころはわからなかった。8回コースや講習会を何度も受けることでわかってきました。だから8回コースが必要なんだと思います。今でも、個人メニューを更新していています。続けていることで、自分の体の癖もわかり、痛みにもいろいろな種類があるとこにも気づきました。

3.ゴルフをする方に、エゴスキューはどのような点でオススメですか?

私の場合は、スタートの時に3種類程度のEサイズを行って準備をして、終わった後に10種類くらいきちんとをきちんとすると翌日がとても楽です。

終わった時に、やらないと、ゴルフで負担がかかった筋肉が引っ張られた痛みを感じます。翌日は、その筋肉が硬くってしまい、普段のスイングができなくなってしまいます。

やるとやらないのでは、体のキレが違います。毎日、体が違うので、毎日のメンテナンスが重要ですね。メンテナンスをしないと、きっとゴルフの寿命が短くなると思います。

仕事をしなくなってからは、グランドゴルフの誘いがありますが、その世界には入りたくないです(笑)

仲間で90歳代でゴルフをしている人が3人いて、その人たちのようになりたいです。

最後の時まで元気にゴルフをやって、過ごしたいと思います。


池上さん・2   池上さん・3

ぎっくり背中で息もできないほどの激痛が解消し、バレエの技術も向上

川島春生(かわしまはるお)さん (40代、東京都)
【クラシックバレエ教師】

  

私は20数年間クラシックバレエのダンサーをしており現在は、教師もやらせていただいております。

大人になってからバレエを始めたので、基礎となる形、動きの習得のため、人の倍練習をしなければと考えレッスンを頑張ってきたのですが、ある時からぎっくり背中とも呼ぶ、腰椎と胸椎の移行部をよく捻ってしまう症状に頻繁に悩まされるようになりました。

バレエの本番で悔しい思い

それが出ると、ちょっとでも体を動かすと激痛が走り、息をするのもつらい状態となります。特に練習がハードになってくる本番の間際に症状が出ることが多く、練習を重ねてきても本番で力を発揮できずに終わるという悔しい思いをしてきました。

鍼(はり)、マッサージ、カイロプラクティック、整体などその時々でいろいろと通いました。治療によっては回復する事もあるのですが、しばらくしたらまた同じ怪我の繰り返し。体の使い癖を治す為の体操や歩き方をご指導いただいても一時的にはやるのですがなんとなく続けることができません。そんなわけでなかなか完治には至らず整骨院にご厄介になる日々。

グループ講習の場で即エゴスキューの効果を実感

そんなあるとき、ご縁がありエゴスキューのグループ講習を受講しました。エクササイズを行った後に、体を動かしてみたところ、バレエのポーズ、動きがとてもやりやすくなり「これはいいなあ」と思い、家でもその時のE-サイズメニュー(エゴスキューのエクササイズ)を繰り返しましたところ、いつのまにか背中の張りが取れ、それ以降ぎっくり背中の症状が出なくなりました。

しかし、痛みは忘れたころにやってきました。油断をしてE-サイズをあまりやらなくなっていたある時、やはり息もできないような痛みに襲われ、レッスン後這うようにして帰宅し、横になるのも間々ならない状況に陥りました。

しばらく時が経ち・・・再び、エゴスキューの効果を大きく実感

どうしようと焦っていたところ、妻の一言、「エゴスキューはやらないの?」。ハッとして早速「驚異のエゴスキュー」本を引っ張り出し、‟背中と腰の痛みを取り去る”のメニューをおそるおそるやりました。

すると、やり終えたころには動けるようになっており、なんと翌日のレッスンでは普通に見本を見せて指導できるくらいに回復していたのです!

 

エゴスキュー体操は、私が長年培ってきた体の使い癖からくる歪みを正してくれている印象です。疲れにくくなり、怪我をしなくなります。

また踊りも今更ながら上達してきた気がします(笑)

今後はしっかり毎日Eサイズを続け、認定トレーナーの資格取得も目指しバレエをやっている仲間や生徒さん、また、地域の皆さまにも伝えていきたいと思っています。

~これから始める方に向けて~

エゴスキューはどなたでも気軽にできる体操です。まずは無理なくできる範囲でやっていただきたいです。腰痛やひざ痛などの痛みは治らないものではありません。

エゴスキューを行うことで、私のように痛みから解放され、毎日を恐れずに過ごす人がひとりでも増えることを祈っています。


腰痛やひざ痛、脚のしびれやだるさ…。今まで治らなかった症状が嘘のように改善!

三須文子(みすふみこ)さん (67歳、静岡県)

   
故郷秋田の60数年来の友人、静子ちゃんが「文子ちゃん、エゴスキュー今、キャンペーン中だって。行ってみたらどう?」のアドバイスで、そうだ名古屋へ行ってみようと思いたった訳です。

30代から体の不調との闘いの日々・・・

30代で腰椎症、すべり症。50代でひざの軟骨が減る状態。60代で太ももから足先までしびれ、ビリビリ感やだるさがあり、糖尿病と診断されました。
ここ2、3年で症状は悪化するばかり。去年8月から整形へ通い、服薬するも効果ナシ。足が異常に太くなり、そう、象さんのような足になりました。糖尿病治療は服薬で改善され、血糖コントロールの状態を表す値、ヘモグロビンA1cは上限値に近づく傾向がありました。しかし、6月より糖尿病の数値は若干上がり、食べ過ぎ飲み過ぎのリバウンドか、体重13kg減が8kg戻ってしまいました。

そして、紹介状により総合病院へ行ったところ、足のむくみは突発性リンパ浮腫と診断され、エゴスキューと並行して、現在、強力な靴下と圧力をかける医療機器によりみるみる改善されてきました。

症状の改善はもちろんのこと、楽しみながら、元気をもらえるセラピー。

今年の3月から個人セラピーを受けたところ、背骨が真っすぐに、歩行も楽になりました。今まで清水で治らなかった症状がまるで嘘のようです。

名古屋へ来てよかった。秋田の俵谷さんにも同行して頂き、有難く感謝の気持ちでいっぱいです。何よりDr(セラピスト)やスタッフの皆さんとのやりとりが楽しいです。息子や娘のような人達にエネルギーを頂いていつも帰ります。スタコラサッサです。帰りの新幹線のビール最高です。

2019年の大イベントに向けて☆

全国のエゴスキューの皆さん、初めまして。Mrs.Misuです。「継続は力なり。」今まで自分に甘く他人に厳しい私が、Dr(セラピスト)のアドバイスに耳を傾けて努力してます。杖なしも夢ではない?!

静子ちゃん、俵谷さん、頼りになる人たちです。私には2019年6月に大イベントがあります。成功に向けて、一歩ずつ着実に、ゆっくりと。

素敵な手書きの絵葉書もスタジオに送ってくださいました。

※右側の絵葉書の言葉は、鳥取県在住の91歳になられる俳人・書家の宮崎雅子さんのお言葉です。

以前に体験談をお聞きしてから1年が経過。その後の様子をご紹介します♪♪

『経過は順調!来年の大イベントに向けて、引き続き運動に精を出しています☆』

  
「雄太変わりありませんか?」母は、個人セラピーを2クール受け、その最終回(16回目)を初回と同じ加藤さんに担当していただきました。エゴスキューとともに過ごした1年半はとっても楽しかったですよ♪

その間に今年の6月には、アメリカのセラピストのブライアンや雅代さんもいらした、エゴスキューのイベントに参加して有意義な一日を過ごせました。そう!雅代さんには、イベントが始まる前に会場の前でばったり!お会いでき、ハグをしていただきました。雅代さんのパワーをもらい「あなた、大丈夫、治るわよ!」と言っていただき、時々その言葉を思い出し、運動に精を出しています。

また、イベントの中に、数名だけが体験できる、デモンストレーションの対象者に選ばれ、その場でエクササイズを数個実施しました。足のむくみから、杖を使わないとスムーズに歩いたり、階段を上り下りできなかったのが、エクササイズをした後は、杖無しでスラスラと歩いたり、階段を下りることもできました。

今は、静岡市で「介護支援2」を認定してもらい、週2回施設に行き、そこでも運動をしています。大勢の仲間と話し、笑い、スタッフの方の親切さと理学療法士の若いパワーをもらい励んでいます。「なんか三須さんといると元気がでてくる!」なんて嬉しいこと、言ってもらえて、、、。だから雄太、母は前のように、2本足で歩けるような気がします。

「継続は力なり、やればできる!」と信じ、来年の秋田でのイベントに向け、努力します。

静岡へ住み35年、いろんな人にお世話になりました。感謝にたえません。

私は、陣痛促進剤による被害を考える会の会員でもあります。私の息子(雄太)は、36時間という短い時間で一生を終え、今年の3月27日に33回忌を終えました。出産年齢の高齢化や無痛分娩による被害も続出している現在。安心なお産をしてもらえるよう日本を支えなくては!!
あと何年生きられるか、「母さんいい人生だったね」と迎えてほしい。雄太。生かされて今を生きる。


幸運!脊柱管狭窄症の発症後、約4ヶ月で出会えた劇的な治療法!!

稲垣 力(いながきつとむ)さん (72歳、愛知県)
【会社員】

劇的な治療!それは、昨年12月23日に初めて個人セラピーを受けた時でした!

9月初旬に脊柱管狭窄症を発症以来、24時間痛みがあったのに、たった二時間半で、痛みの7~8割が取れました。

個人セラピーを受ける前に、腰痛を解消するDVDでエクササイズを約1ヵ月していたので、これも、多少効き目が有ったかもしれません。

今までいろんな治療を試すも・・・

発症した当時は、北九州市に単身赴任中。その後、岐阜県の工事現場に出張を命じられ、これまた単身赴任に。。発症以来、家の奥さまが色々な治療院をネットで探してくれ、今までに計8ヶ所(北九州の整形外科、北九州市内の整体院やカイロプラクティックス、岐阜県のカイロプラクティック、名古屋市内の整体院、愛知県豊田市の接骨院…等)で治療してきました。

その治療の効果は、せいぜい半日~1日程度しか持たず、その治療費も高い時は1回8千円で、休院日を除くと1週間6日で4万8千円、1ヶ月で約20万円でした。

それが個人セラピーだと、8回分で21万6千円です。従来の治療院に比べてかなりのエゴスキューは安い感じがしました。

エゴスキュー開始から5ヵ月目。実践方法や体の変化は?

今は、朝にエクササイズを30分~40分しています。基本的には、毎日実践します。夕方には、勤務から帰って、夕方用のエクササイズをします。これも30分~40分。残業等が多く有り、都合によっては、夕方のエクササイズは休むことも有ります。ガチガチに固めると、プレッシャーが掛かりますますので、柔軟に対応しています。

体の変化や状態を徒歩で説明すると、脊柱管狭窄症を発症した当時は、50メートル歩くとしゃがんで休憩し、又、50メートル歩くとしゃがんで休憩、の状態でした。

そして、エゴスキューを開始した初期の頃は5分~10分を歩くことができ、5ヶ月目の現在は、10~20分位は歩けます。但し、それくらい歩くと足の疲労感は有ります。

個人セラピー8回修了後、さらに継続のコースへ☆

今後、個人セラピーの8回目を終えたら、そのあとはメンテナンスコース8回も受講しようと思います。書籍で某有名女優さんのケースを拝見しますと、毎月エクササイズをしているとの事、私もそれに習い、個人セラピー8回コース修了後には、再度、メンテナンスコース8回を受講しようと思っています。

エゴスキューに早く会えた強運さ。皆様の体験記を読ませていただきますと、5年、10年の経過が有り、色々な治療院を体験した後に、究極の治療法がエゴスキューであったケースが多いと思います。私の場合は、脊柱管狭窄症の発症以来、約4ヶ月でエゴスキューに出会えた事は幸運と思います。家の奥さまの努力に感謝します。


腰痛が改善!心も体も大きく変化し、元気で前向きな私に!!

Y.Kさん(女性、30代、愛媛県)
【看護師】

 

   
4年程前から腰の痛みとしびれが出現、椎間板ヘルニアになりそうな状態だと診断を受け、昔に痛めた左膝の違和感も抱えながら、内服治療やカイロプラクティックに通い、少しは痛みが緩和されたものの、痛みと闘う毎日でした。

そのような中、母の知人の紹介でエゴスキューを知り、グループ講習に参加しました。そこで、このままの状態が続くと歩行が難しくなるかもしれないということに驚き、個人セラピーを受けることにしました。

エゴスキューの効果に感動~!!

個人セラピーを受けた初日、腰の痛みが軽減し、体がとても軽くなり、「エゴスキューってすごい!!」と感動しました。しかし、家に帰ると日々の生活に追われ、メニューをする時間が取れずできない自分に嫌気がさすことがありました。

ある時、個人セラピーを受けている中で”全ては自分次第”だということに気付き、メニューをしてから仕事に行くと決め実践しました。

体がしっかりと目覚め、一日の動きが以前と全く違い、痛いということをあまり感じずに過ごすことができ、仕事の効率も上がりました。

腰痛が改善し、笑顔いっぱいの日々☆

個人セラピーを受けたことで、心も体も大きく変化し、元気で前向きな私になれました。今では、エゴスキューなしの生活は考えられません。

「痛みのある生活から笑顔いっぱいにさせてくれたエゴスキュー!!」

これからも継続し、楽しい人生を歩みたいと思います。また、エゴスキューと先生方やスタッフの方々との出会い、いつも温かく受け入れてくださり、応援してくださったことに、心から感謝致します。ありがとうございました。


腰椎椎間板ヘルニアが完治し、半月板損傷も改善。今はほぼ問題ナシ!

荒井さん (72歳、群馬県)
【農園(ブルーベリー)】


   

一昨年に腰椎椎間板ヘルニアを発症し、その後、ひざの半月板も痛めました。整形外科でリリカという新薬と湿布薬、漢方も処方されていましたが、なかなか良くなりませんでした。

雑誌でエゴスキューを知り、実践!

整形外科を受診した時に、月刊誌を通してエゴスキューのことを知り、発症から4~5ヵ月後に、エゴスキューのDVDを取り寄せ、その後個人セラピーも受け、今もエゴスキューを実践。2年位治らないと言われた腰椎椎間板ヘルニアは、今は全く問題なく、完治。

また、右ひざの半月板を痛め、歩くのが難しく、特に寒冷時は歩く度につらく、駅の階段が心配で、その後個人セラピーを申込みました。整形では、半月板損傷で手術と言われていましたが、8回コースが終了した今、ひざはほぼ問題なし。

自分で自分の体をメンテナンス&改善へ

エゴスキューを経験し、体のゆがみが痛みの原因ということがわかり、場所もとらずイス程度の道具で、自分で自分のメンテナンス、改善でき、ムリなく何歳になっても続けられる。合理的で素晴らしいメソッドと思う。

ヨガや太極拳などいろいろありますが、自分で出来、簡単なエクササイズで体のメンテナンスが出来る、大変ありがたいメソッドであると思います。


腰痛や手のしびれが改善し、前年の5割増しで家事も出来るように!

M.Sさん(女性、69歳、埼玉県)


   

   
以前に「股関節の激痛を自分で治す本」を購入し、その時は、変わった名前の体操?っと思い、ざっと見て本棚へ。その後、1年位して手のしびれに悩まされ、腰痛などで通院中の整形外科で手術を勧められましたが、自力で症状の改善や進行を遅くしたくて、治療法などを探していました。その時エゴスキューのホームページに出会い、本棚に片付けたあの本に出ていた体操だと気付きました。

近くのカルチャーでエゴスキューのグループレッスン講座が行われているのを知り、昨年7月から受講。そして、その3ヶ月後に渋谷スタジオでの個人セラピーへと移行しました。

20年近くにわたり徐々に体の痛みが・・・

50歳くらいから背中~腰の鈍痛が始まり、60歳くらいから首の激しい痛みや左腰・左背中の強い張り、68歳の時にはかかりつけの整形外科で、首・腰・手の手術を前後にして勧められ、20年近くにわたり、徐々に痛い部分が増え、痛みも増してきました。

頚椎症や背骨の湾曲、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、腱鞘炎(けんしょうえん)、手根管症候群、首の右側が痛くよく眠れない、上を向く、洗濯物が干しづらい。重い荷物が持てない。料理や草むしり、包丁、筆記具、裁ばさみを使うなどの手作業は、すべて手の痛みが出ました。

整形外科などで治療を受けても・・・

今まで牽引(けんいん)やマッサージ、血行促進剤、鍼(はり)治療などをうけましたが、整形外科や鍼(はり)治療もほとんど効果がなく、マッサージも一時的で、病院の玄関を出る頃にはもう痛くなってくる。湿布が手放せない。ひどい時は局所麻酔注射でしのいでいました。

そうこうしているうちに病名だけが追加され、さすがに将来の不安と焦りを感じ、病院も悪くなるのをただ見過ごして手術を待っているようでした。整形外科をあきらめ近くの接骨院にかかり1年ほどしたら首の痛み、背骨の曲がりが改善されました。

個人セラピーを受け、背骨の湾曲や腰痛、手のしびれの改善を実感!

今、6回目のセラピー中です。私の症状が歩けない動かないという状態ではなかったので、受けて劇的に改善は感じなかったが、首、背骨の湾曲は少しずつ正しい位置に向かっています。

左腰の痛みは随分軽くなり、「重い症状」対「軽い症状」の割合は、7:3だったのが、3:7と逆転している。むしろ、痛みを忘れていることが多くなった。手のしびれは、夜中に目が覚めることも数段少なくなってきました。

一昨年の暮れから正月は、客布団の用意から後片付け、台所、大掃除、料理など充分こなせず大手抜きし、それも全部夫に頼ってやってもらっていましたが、今回の暮れから正月は、客布団は全て夫に任せたが、料理、掃除などは夫に頼りながらも前年より5割アップで働けるようになりました。

また、おしぼりが十分に絞れず、ベチャベチャ状態だったのが、普通しぼりの加湿気味状態まで絞れるように力がもどっていました。全身に力が戻りつつあります。以前のように家事やお出掛けが十分に出来るようになりたいです。

普段も体操もがんばりすぎず、今出来ることから少しずつ『継続は力なり』

気持ちの変化として、猛ダッシュしない。時間内にがんばってやってしまわない。次に残す。(若い頃からがんばりの積み重ねが、今の症状に出ていると確信したから)余力を残して、その時間30分をエゴスキュー体操に充てる。毎日の継続で自力で生活できる老後に繋がるものと考えています。エゴスキューの個人セラピーを受け、自分の体に対し過信、無知、思いやりが欠けていたいた事、随分考えさせられました。気長に指導くださったセラピストの皆様ありがとうございました。感謝でいっぱいです。

私の事ですが、今の症状を作ったのは自分だということ、長い間に少しずつ悪くして、手のしびれ、痛みに至ったのです。痛みの事ばかり考えずに、今出来ることから少しずつやっていきました。エゴスキュー体操、外出日や体調不良などでパーフェクトではなかったけれど、目標100%かかげ、平均80%くらいは達成できました。痛みがある時は、回数を減らしたり休みながら体操する。次回セラピー時は状態を正直にセラピストに報告。そして、体操を続けることで体が変化していました。

5回目のセラピーが終わる頃、昨年の同時期より出来ることが多くなっているのに気付きました。少しづつ改善していたのです。悪くなるのも、良くなるのも、徐々にやってくるのですね。まだ動けるうちにエゴスキュー体操に出会ってよかった。『継続は力なり』実感です。


1 2 3 4 5

このページでご紹介している体験者の喜びの声は、個人の感想であり個人差があります。効果効能をうたうものではありません。 こちらのページで紹介している映像、写真を含むすべての情報には肖像権および著作権が含まれています。一切の転載、転用はご遠慮ください。 お知り合いにご紹介いただける際には、このページのアドレスをそのままご紹介ください。