エゴスキュー体験者の声

1 2 3 4 5

腰痛や手のしびれが改善し、前年の5割増しで家事も出来るように!

M.Sさん(女性、69歳、埼玉県)


   

   
以前に「股関節の激痛を自分で治す本」を購入し、その時は、変わった名前の体操?っと思い、ざっと見て本棚へ。その後、1年位して手のしびれに悩まされ、腰痛などで通院中の整形外科で手術を勧められましたが、自力で症状の改善や進行を遅くしたくて、治療法などを探していました。その時エゴスキューのホームページに出会い、本棚に片付けたあの本に出ていた体操だと気付きました。

近くのカルチャーでエゴスキューのグループレッスン講座が行われているのを知り、昨年7月から受講。そして、その3ヶ月後に渋谷スタジオでの個人セラピーへと移行しました。

20年近くにわたり徐々に体の痛みが・・・

50歳くらいから背中~腰の鈍痛が始まり、60歳くらいから首の激しい痛みや左腰・左背中の強い張り、68歳の時にはかかりつけの整形外科で、首・腰・手の手術を前後にして勧められ、20年近くにわたり、徐々に痛い部分が増え、痛みも増してきました。

頚椎症や背骨の湾曲、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、腱鞘炎(けんしょうえん)、手根管症候群、首の右側が痛くよく眠れない、上を向く、洗濯物が干しづらい。重い荷物が持てない。料理や草むしり、包丁、筆記具、裁ばさみを使うなどの手作業は、すべて手の痛みが出ました。

整形外科などで治療を受けても・・・

今まで牽引(けんいん)やマッサージ、血行促進剤、鍼(はり)治療などをうけましたが、整形外科や鍼(はり)治療もほとんど効果がなく、マッサージも一時的で、病院の玄関を出る頃にはもう痛くなってくる。湿布が手放せない。ひどい時は局所麻酔注射でしのいでいました。

そうこうしているうちに病名だけが追加され、さすがに将来の不安と焦りを感じ、病院も悪くなるのをただ見過ごして手術を待っているようでした。整形外科をあきらめ近くの接骨院にかかり1年ほどしたら首の痛み、背骨の曲がりが改善されました。

個人セラピーを受け、背骨の湾曲や腰痛、手のしびれの改善を実感!

今、6回目のセラピー中です。私の症状が歩けない動かないという状態ではなかったので、受けて劇的に改善は感じなかったが、首、背骨の湾曲は少しずつ正しい位置に向かっています。

左腰の痛みは随分軽くなり、「重い症状」対「軽い症状」の割合は、7:3だったのが、3:7と逆転している。むしろ、痛みを忘れていることが多くなった。手のしびれは、夜中に目が覚めることも数段少なくなってきました。

一昨年の暮れから正月は、客布団の用意から後片付け、台所、大掃除、料理など充分こなせず大手抜きし、それも全部夫に頼ってやってもらっていましたが、今回の暮れから正月は、客布団は全て夫に任せたが、料理、掃除などは夫に頼りながらも前年より5割アップで働けるようになりました。

また、おしぼりが十分に絞れず、ベチャベチャ状態だったのが、普通しぼりの加湿気味状態まで絞れるように力がもどっていました。全身に力が戻りつつあります。以前のように家事やお出掛けが十分に出来るようになりたいです。

普段も体操もがんばりすぎず、今出来ることから少しずつ『継続は力なり』

気持ちの変化として、猛ダッシュしない。時間内にがんばってやってしまわない。次に残す。(若い頃からがんばりの積み重ねが、今の症状に出ていると確信したから)余力を残して、その時間30分をエゴスキュー体操に充てる。毎日の継続で自力で生活できる老後に繋がるものと考えています。エゴスキューの個人セラピーを受け、自分の体に対し過信、無知、思いやりが欠けていたいた事、随分考えさせられました。気長に指導くださったセラピストの皆様ありがとうございました。感謝でいっぱいです。

私の事ですが、今の症状を作ったのは自分だということ、長い間に少しずつ悪くして、手のしびれ、痛みに至ったのです。痛みの事ばかり考えずに、今出来ることから少しずつやっていきました。エゴスキュー体操、外出日や体調不良などでパーフェクトではなかったけれど、目標100%かかげ、平均80%くらいは達成できました。痛みがある時は、回数を減らしたり休みながら体操する。次回セラピー時は状態を正直にセラピストに報告。そして、体操を続けることで体が変化していました。

5回目のセラピーが終わる頃、昨年の同時期より出来ることが多くなっているのに気付きました。少しづつ改善していたのです。悪くなるのも、良くなるのも、徐々にやってくるのですね。まだ動けるうちにエゴスキュー体操に出会ってよかった。『継続は力なり』実感です。


脊柱管狭窄症で365日24時間続いていた、腰痛が解消!

丸田光男(まるたみつお)さん (73歳、千葉県)
【学童保育運営・指導員】

   
60才になるまで、20~30kgのザックを背負って、3000m級の山の縦走をしていました。5~7日間テントを持っての山行は結構ハードなものでしたが、体の不調は感じませんでした。

60才になる2~3年前から時々腰が痛むようになって、つらい時もあり、地元の整形を受診しました。診断はすべり症による脊柱管狭窄症と言われました。

腰痛の治療のため、何度も転院するも・・・

「腰の筋肉が衰えてきたことによって、今まで支えてきた骨を支えられなくなったために、痛みが生じている」とのことでした。「運動をして、腰の周りの筋肉を鍛えて筋肉のコルセットを作るような意識で運動して行けばいい」とのこと。その後、運動をしながら通院して治療を続けました。治療は、腰の牽引(けんいん)と低周波を週1で受けました。

3年経過しても改善の兆しが無く、隣の市の評判の良い整形に移りました。診断は同じで、治療もほぼ同じ内容でしたが、ストレッチを加えられたのが変化でした。ここでも症状は良くなってきません。

仕方なく、更に大きな整形病院に移り治療を試みました。2年ほど続けたのですが、痛みとつきあっていくしかないと言われ、通院治療を打ち切り、親切が評判の整形に最後の望みを託しました。

しかし・・・

残念ながら週2回通院治療を続けても、痛みは全く軽減しないばかりか、歩行時に左脚大腿部の激しい痛みが起きるようになりました。腰の痛みは強くなり、仕事で車を運転する時も、10分が限度で、痛みで気持ち悪くなり、停車してしばらく休まないと運転出来ない状態になってしまいました。

24時間365日、寝ても覚めてもどんな姿勢でも痛みが続きました。

その後、エゴスキューを知り、個人セラピーを受講☆

ここから解放されたい一心で、いろいろ情報を集めました。そして、ネット検索でヒットしたのがエゴスキューでした。同じ脊柱管狭窄症で改善した体験者の話が載っていました。

早速渋谷スタジオに連絡して、個人セラピーを申し込みました。セラピー当日、電車は立っている事が出来ないためグリーン車に、渋谷駅からスタジオまでの距離さえ2回休まないとたどり着けませんでした。しかし、初回のセラピーの帰りは、途中休まずに駅まで戻れました。

個人セラピーを開始して9ヶ月後には・・・☆

その後、7回の個人セラピーをお願いして9ヶ月。毎日エクササイズを行って、24時間あった痛みも夜は無くなり、昼間の痛みも大きく軽減してきて、腰の痛みを全く感じない時が多くなりました。趣味でしている家庭菜園も、痛みを感じないで仕事できるようになりました。

各回のセラピストの方に、その都度の自分の体の状況に合わせたエクササイズを教えて頂き、様々な体の変化に対応出来るエクササイズを会得することが出来ました。

10年以上腰痛に悩んでいましたが、現在はそんなひどい腰痛があったことなど忘れてしまう毎日を送っています。

自分の体験を周りの痛みを抱える人にも教えています。それで個人セラピーに通う方もいます。エゴスキューは自分自身の体と対話しながら、自宅で無理なく行えることが最も良いところと思います。今後グループ講習にも参加して、その良さを広く悩んでいる人に伝えたいと思います。


歩くのも困難なほどだった坐骨神経痛が改善!おじぎもふらつかず出来るように。

山本祐子(やまもと ゆうこ)さん (70代)

   
一昨年の1月から「操体」の教室に通うことになったのですが、間違ってエゴスキューの教室に入り、2回受けました。しかし受付の方から次回から「操体」へ行くように言われ、エゴスキューを受けられなくなりました。女性の先生で声が大きく、言葉もはっきりと、必ず二度説明して下さり、70代の私にもよく解り、続けたいのに残念でした。

痛い、つらい…という言葉だけの毎日。。

子どもの頃から側弯症で、体中色々不都合な所が多くありましたが、一昨年の10月から坐骨神経痛が左側に起こり、痛くて歩くのも、自転車も乗れなくなり、買い物に困り、治療も電車に乗るような所へは行けず、痛いとつらいという言葉だけの毎日でした。昨年2月末より、軽いマッサージと指圧をして下さる所が見つかり少し痛みがやわらいだので、名古屋のセラピースタジオへ申し込んだのです。

個人セラピーを受け、その後症状は・・・?

4月24日、まだ痛い痛いと言いながら、足を引きずって名古屋へ行きました。2~3回通ううちに、痛みが大分少なくなり、個人セラピー5回目が済んだ頃から、おじぎが頭からまっすぐに下がるようになりました。何十年も前から、おじぎをした時、頭が前に下がらず、体もふらついて傾いてしまうので、恥ずかしくつらい思いをしていたので、とても嬉しいです。

坐骨神経痛は90%以上よくなっています。側弯症は変わりありません。

心臓の病気があるので、名古屋へ通うのは少し心配がありましたが、8回無事頑張れました。先生やスタッフの方、皆様やさしく親切で丁寧で、わかるまで何度も御指導下さいました。本当に有難く感謝しています。

毎日1時間も続けられるか不安でしたが、帰りに先生や受付の方のあったかい笑顔とはげましで、休む日もありましたが、何とか頑張れました。やった後は、腰も伸びてラクになるのですが、数時間後に曲がってくるので、ずっと続けねばと思っています。


20年ほど続いていた腰痛、肩こりが改善!90代になっても海外旅行へ☆

池部 薫(いけべかおる)さん (50代、神奈川県)

   
私は30年前の出産後に脊椎分離症から腰痛が始まり、その後は肩こり、頸椎捻挫、ガニ股、交通事故での左足首骨折や数年前には脊柱菅狭窄症とも診断されました。日常生活に支障が無いくらいですが現在迄で20年くらい症状が続いています。

それでも、毎日の家事や4人の子育てもあり、病院、整骨院、整体、マッサージ、鍼(はり)や自分でもストレッチなど自己流の運動をして日常生活をおくっていましたが、肩こり、腰痛、腕が動かしづらいのはずっと続き、辛い時はその時だけでも楽になりたくて整体やマッサージに通っていました。

整体やマッサージにかかりその時は楽になるのですが、直ぐに辛い症状に戻ってしまいました。病院での自分で自分の身体を動かすリハビリは、動かなかった筋肉が動くようになったり、痛みが軽くなったりしました。

エゴスキューと出会い、個人セラピーを受講!その後・・・症状は??

2017年の5月に越山雅代さんのセミナーに参加し、初めてエゴスキューの事を知り2、3種類のE-サイズ(エゴスキューのエクササイズ)の動きの体験をさせて頂きました。その時に病院通いで一番効果のあった、自分で自分の身体を動かし治していくリハビリに似てると思い興味を持ちました。

個人セラピーを受けて、私の身体に合ったメニューを組んでもらい4ヶ月になりますが、肩こりや腰痛が殆ど無くなり、上や後ろにいきずらかった腕が動かし易くなり、駅の階段を上るのも、長い時間歩くのも疲れにくくなってきたり、ガニ股だったのも改善されてきて、猫背気味の姿勢も良くなってきました。

体が改善され、心まで前向きに☆

肩こり、腰痛や身体の動きづらさも年齢のせいもあり、これ以上は良くなるのを諦めていたのが、身体が改善され動き易く楽になったせいか、心理的にも「もっと何かをしてみたい、できるんだ」という前向きな気持ちにもなりました。

今まで、旅行に行けるのも70歳までかなと思っていたのが、今では80、90代になっても海外旅行に行く夢が膨らんでいます。そして、80、90代になっても、健康で暮らせていける安心を手に入れられた思いなので、今は身の回りの人達にも元気で暮らしてもらいたいのでエゴスキューを教えてあげたい気持ちでいます。

今ある自分の身体の状態は、日常の動作なりで自分で作ってきたものがほとんどだと思います。他人任せは楽だけれど、一番自分の身体を解っている自分が治していけば、身体は答えてくれることを私は実感しました。

皆さんもエゴスキューをやり続けて楽に動かせる身体を持ち少しでも健康に不安のない希望のある未来を持てたらステキですよね。


10年以上の腰痛が改善!姿勢が整い、デパートのはしごや趣味を楽しめる体に。

後藤 美和子(ごとうみわこ)さん (75歳、京都府)

   
最近知り合いになった方と会う度に腰が痛いという話をしていたら、或る日、その方から「実は私、エゴスキューに救われたんだけど、よかったらやってみない?」とお声がけいただきました。

私は10年以上腰痛があり、背骨が左右に曲がっていました。あちこちの整形外科に通いましたが、これといった治療方法が無く、整体にもだいぶ通いましたが、根本的な効果はありませんでした。

当時は少し長い距離を歩いたり、重い荷物を持ったりすると、腰が重、痛、だるく、背中の右側の筋肉が大きく腫れてきて、なんとも言えない苦痛で「もう一歩も歩けない!」と云う状態になりました。

それが、今では・・・☆

セラピーは半信半疑でしたが、少しでも改善されればという気持ちで毎日エクササイズを頑張りました。

半年位した頃から、人に歩く姿勢が良くなったと云われ、背中の腫れもだんだん減ってきて、近頃気がついたら“デパートのはしご”や”1万歩以上”も歩けるようになりました。

とにかくやってみること!そして「継続は力なり」を実感

エゴスキューはある程度費用もかかりますし、それ以上に自分の努力が必要とされます。しかし、引きこもりがちな生活で人生の後半を無駄にしなくて良かったと思っています。
今は毎朝のエクササイズを欠かさず、昼間は趣味の生活を楽しんでいます。“こんなの治るわけないわ”と思わず、とにかくやってみることです。「継続は力なり」そのものです。これが私の実感です。


脊柱管狭窄症の手術では治らなかった足のしびれが改善。人間の体の素晴らしさに感謝!

児玉 克巳(こだまかつみ)さん (64歳、神奈川県)

   
半年ほど前にギックリ腰になり、その話を妻が知り合いの方にしたところ、その方がエゴスキューで腰痛から解放された方で、『腰の痛みにはエゴスキューが一番』と勧めてくださいました。

ギックリ腰になったのは、今回が初めてだったが、3年ほど前に脊柱管狭窄症で手術を受けていました。椎間板ヘルニアで腰痛になったこともあり、腰が弱い状態でした。

脊柱管狭窄症は、手術はうまくいって、歩いた時の足の痺れはなくなったのですが、足の裏の痺れは残っていました。ギックリ腰の痛みがおさまったころにエゴスキューの個人セラピーを受けて、メニューを作ってもらいました。

その後、足の裏の痺れは・・・☆

最初は、E-サイズ(エゴスキューのエクササイズ)をまたギックリ腰になると思いながらおそるおそるしていたのですが、1週間くらいするうちに背骨のまわりがしっかりしてきたような感じがあり、怖がらずにできるようになりました。また、脊柱管狭窄症の手術後ずっととれなかった足の裏の痺れがだいぶ改善したことも感謝でした。

人間の体の不思議さや素晴らしさを実感!

エゴスキューは使っていない筋肉を刺激して、体のバランスを本来の姿に戻すことで、体の歪みや痛みを治すものと理解していますが、小さな負荷での刺激だけで活性化する人間の体の不思議さを感じます。人間の体の素晴らしさ、それとそれを造られた方の素晴らしさ、そしてそれを発見したエゴスキューに感謝します。ぜひ、みなさんもエゴスキューを通して、自分の体の素晴らしさを発見してください。


脊柱管狭窄症を克服!病気で1ヵ月入院するも家族が驚くほど改善中。

E .Kさん(65歳、女性、東京都)

   
なにか身体を動かす事を始めようと思い、インターネット等でいろいろ探していた時、2014年にあるテレビ番組で、エゴスキュー体操の紹介を見て、エゴスキューのことを知りました。

2014年1月から脊柱管狭窄症で整形外科医院に通院し、薬(痛み止め・漢方薬)の処方を受けたり、職場に近い別の整形外科医院では、リハビリ体操・マッサージを受けていましたが、効果は感じられず手術を勧められました。エゴスキューを知るまでは、整体マッサージにも通いましたが、こちらも効果はありませんでした。

脊柱管狭窄症の症状は・・・

通勤電車で30~40分立ち続けていると足が痛く辛くなり、歩行すると10m位で足が痛く、しゃがみ込みたくなるほどでした。この時、最初の個人セラピー8回コースを受けました。

そして、エゴスキューの個人セラピーを受けて回数を重ねていくうち、足・腰の痛みが少なくなって、1年半位でハワイ旅行に行けるようになりました。

しかし、その後「化膿性脊髄炎」で入院し、1ヵ月寝たきり状態に

2016年2月に、朝、目覚めと共に腰に激痛が走り起き上がれず、救急車→入院→手術→リハビリの経験をしました。感染症による「化膿性脊髄炎」で入院時には、微熱が続き寝返りも打てず、動くと腰に激痛が走りました。点滴を2週間行うも、菌は身体から出ていく事なく、症状も変わらず、緊急に脊髄にそってメスが入り、洗浄する手術となりました。「化膿していたら骨の切除もあります。」と言われましたが、化膿部分はなく、洗浄のみですみました。

手術後、腰の激痛は治まりましたが、寝たきり状態が1ヵ月続きましたので、起き上がる事も歩く事も出来ず、腰を曲げることが出来ないため、洗面所で顔を洗う事もできない自分に驚きました。リハビリは1ヵ月続き退院しますが、動作もゆっくりで歩く事が大変でした。足の裏は何かが貼り付いているような違和感としびれが強くなっていました。

退院後は、自宅療養が3週間で通勤の許可がでましたが、時差出勤と腰に負担のかからない業務のみと言われていました。その後1ヵ月おきの検査通院(血液・レントゲン検査)が3ヵ月続きました。腰椎の4番目と5番目の間は、クッションがなくなっている状態なので、ヘルニアが出ないよう気をつけるようにと言われています。

2度目の8回コースを開始。家族が驚くほど改善し、友人からはおほめの言葉も☆

2017年1月から2度目の個人セラピー8回コースを受けています。セラピーを再開した時には、体が固く正座する事ができませんでしたが、セラピー2回目後には、正座ができるようになりました。そして、休日はリハビリと8,000歩~10,000歩あるくのですが、始めた頃は休憩を取りながら、ゆっくり歩きだったのが、セラピー3回目後には、休憩無しでも歩けるようになっていたので、一緒に歩いてくれる家族が驚いていました。

また、手術後からずっと続いていた足裏に何か厚く貼り付いている違和感としびれがありましたが、「貼り付き感が緩和してきている」と「足先に温もり」を感じるようになりました。セラピー4回目後は、友人に「姿勢が良い・歩く姿がきれい!」とほめられ嬉しいと思いました。

「自分の体が痛くて困った」と思う時には、個人セラピーがオススメ

誰かに頼るのではなく、自分で「自分の体のメンテナンスをしていくこと」は、無理のない体操で長く続けていけるのではと思います。
今、2度目の個人セラピー(メンテナンス8回コース)に通っております。グループ講習も受けた経験がありますが、本当に「自分の体が痛くて困った」と思う時は「自分の痛みにあったプログラム」を作成していただけるので個人セラピーをお薦めします。「1人占めで2時間、1回のマンツーマン講習料」は決してお高くはありませんよ。


3mも歩けないほどの坐骨神経痛が解消し、夜行バスで8時間の移動も全く平気に!

俵谷裕子(たわらやゆうこ)さん (62歳、秋田県)

   
今から10年前、私は坐骨神経痛で3mも歩けなくなり、車の助手席に座るのもつらい状態で一生車イス生活を覚悟しました。その当時は痛みで寝ることもつらく、うんうん唸っている声を聞いた息子が、飼っている犬がどうかしたのかと勘違いする位でした。

体験会に参加後、個人セラピーを開始。1年半後には・・・

そんな時に長年の変形性股関節症をエゴスキューで改善した認定セラピスト(※1)の佐藤幸子さんの体験会に参加。“自分で治せる!”と感じて個人セラピーを受け、同時に東京でのグループ講習にも参加し始めました。

そして、1年半後には痛みが全くなくなり、くの字に曲がって伸びなかった腰もシャンと伸びるようになりました。東京への移動は、毎回夜行バスで8時間のとんぼ返りですが全く平気になりました。

(※1)認定セラピスト・・・エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト。

エゴスキューで家族との思い出作りも

何をやっても治らなかった腰の痛みとゆがみがエゴスキューで治った私を見て、神奈川に住んでいる子どもたちも学び始め、エゴスキューのもうひとつの運動であるパッチフィットネスのイベントには毎回家族全員で参加。80歳を過ぎた母も孫たちに会えるのを楽しみに参加し、エゴスキューがバラバラに住んでいる家族が集まる場になり、かけがえのない思い出を作ってくれました。

エゴスキューと出会って10年、学んだことを伝える立場に☆

そして5年前、家族の柱だった夫が急逝し、母と父も続けて看取り、「さて、これから自分に何ができるのか・・・」と考えた時に、「高齢になっても自分の事が自分でできることが何より」と思い、数年参加できなかったエゴスキューの講習会に再び参加しました。

わずかな参加費で受けられる再参加制度のお陰で何度も参加できたことで、エゴスキューの効果と楽しさをますます感じて、「周りの人にも伝えられるようになりたい!」と、認定トレーナーの資格を取り、2016年末から地元、秋田でグループワーク(エゴスキューの体操教室)を始めています。

グループワークでは・・・

グループワークにはいろんな方が参加します。先日は、4人のうち一人はひざが痛く、一人は腰と脇腹がすごく痛く動くのがやっとだったので、物足りないくらい回数を少なく、ゆっくりエクササイズを行ったところ、ひざが痛かった人は、気づかずにひざをついて座っていて、腰が痛かった人は「痛くて食欲もなかったけど今晩は食べられそう」と満面の笑顔を見せてくれました。

エゴスキューのエクササイズは、今できるところから「無理せず、人と比べず、自分のペースで」を繰り返すことで十分に効果があることを、伝えつつ、学んでいます。

出会って10年、いつの間にか痛みや不安から自由になっていて、学んだことを伝える立場になって、驚くほど輝く笑顔に出会えて、とても不思議で嬉しい毎日を過ごしています!

今年も無農薬玄米味噌作り!

また最近では、エゴスキューの他にも、手作りの無農薬玄米味噌を越山雅代さん(※2)が美味しいと喜んでくださり、仲間の皆さんに紹介してくださったお陰で自信がつき、今年も張り切って仕込み準備をしました。

味噌づくりの仲間の畑にて、農薬を使わないため除草も手作業でやっています(左写真)。そして、玄米みそをベースにした商品が、みなさんに好評のため販売もはじめました。(右写真)

(※2)越山雅代さん・・・エゴスキューを日本に伝えてくれた人。ロングセラーズ刊『痛み解消メソッド・驚異のエゴスキュー』監修・翻訳者。


医者任せではなく、自分の体を自分で治せることに感動!

M.Tさん (55歳、女性、愛知県)

   
リウマチの疑いがあることと、腰痛が1年、手足のこわばりや痛みも4年から5年程続き、薬を服用したり、リハビリをしていました。そして、エゴスキューのことはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やフェイスブックで知りました。

自分で自分の体を・・・

個人セラピーを申し込み、エゴスキューを始めて5ヵ月目(セラピー7回目)には体全体が整ってきた感覚がありました。そして、その約1ヵ月後のセラピー8回目を迎える頃には痛み、動きの悪い所を自分で改善できるようになってきました。

個人セラピーを受けてみて、他人(医者)まかせでなく、自分の体をしっかり見て改善することができるのに感動しました。


普通に歩けないほどだった足の痛みが改善。怪我の予防やダメージ改善の効果も実感!

福山 恵美子(ふくやまえみこ)さん (58歳、神奈川県)

   
一昨年の暮れに転倒し、右足首を捻挫してしまい、重症だったので2ヶ月近く松葉杖をついていました。それが回復し、夏に山歩きをしたところ、今度は左足を痛めてしまい、足裏の指の付け根が痛くて普通に歩けず、おかしな歩き方をするようになってしまいました。足専門の整体院に行ったのですが、かえって痛みが増してしまい、2度でやめました。その後は、何もせずに足をかばいながら日常生活をしていました。

すると、次第に膝や腰まで痛くなってきてしまい、不安でたまらなくなっていたところ、越山雅代さんのニュースレターでエゴスキューのことを知り、思い切って2月から個人セラピーを始めました。

始めてみると楽しくて、私は朝起きて30分行うのですが、多少体調が悪い時でもエゴスキューを行う方が、寝ているよりもすっきりして体調が整うのです。なので、今6回目なのですが、ほぼ毎日行っています。痛みが戻る日もありますが、ずいぶん普通に歩けるようになりました。裸足で床を歩くのも怖くなくなりましたし、少しずつつま先も使えるようになってきて、本当に嬉しいです。

自分で自分の体をケア☆

つい先日、仕事中に、不注意から段差に気づかず転倒してしましました。段差はかなりの高さがあり、私のひどい転び方を見て、近くにいた看護師さんが飛んでくるほどで、しかも運の悪いことに捻挫した右足から落ちてしまいました。ところが、どこも打たなかったし、どこも痛くないのです!おかげで、仕事も滞りなくやり終えることができました。
タワー

家に帰ってほっとしたら、落ちた右足首の周りと右の腰に軽いシビれと痛みを覚えましたので、大急ぎでタワーをしました。(右の写真参照)タワーをしている間中、あんな酷い転び方をしたにも関わらず、私は全然不安が無かったし、「大丈夫、このまま必ず良くなる」という妙な確信がありました。そしてそのとおり、翌日はやや痛みはあったものの普通に生活でき、2日後には転んだことすら忘れるほどすっかり元通りになっていました!

痛み解消だけではないと実感!

私は、エゴスキューというのは、痛みの改善のためのものと思っていましたが、怪我の予防や、怪我のダメージの大幅な軽減にも威力を発揮するのだとわかりました。この年になると転倒は怖いし、介護予防なども真剣な問題になってきます。今回の体験で、痛みが無くなってもエゴスキューは続けようと思うし、今痛みが無い方でもエゴスキューは行う価値があると、とても感じました。いつも親切にして下さるセラピストの皆さん、本当にありがとうございます。


1 2 3 4 5

このページでご紹介している体験者の喜びの声は、個人の感想であり個人差があります。効果効能をうたうものではありません。 こちらのページで紹介している映像、写真を含むすべての情報には肖像権および著作権が含まれています。一切の転載、転用はご遠慮ください。 お知り合いにご紹介いただける際には、このページのアドレスをそのままご紹介ください。