エゴスキュー体験者の声

1 2 3 4

わずか3週間で骨盤のゆがみが整い、腰痛も改善!

倉澤威一郎(くらさわいいちろう)さん(40歳、東京都)

   
左側の腰に強い痛みがあり、その痛みが4ヶ月間続きました。痛みが出てすぐに整形外科を受診し、言われるがままに薬と湿布、電気治療を続けましたが、症状の改善は見られませんでした。

そこで、仕事でお世話になっている方に「腰痛で困っている」と話したところ、エゴスキューで腰痛を克服した方のお話を聞き、それがきっかけで問い合わせをしました。

個人セラピーを受け、3週間後には・・・☆

その後、個人セラピーを受け、初回に姿勢分析をしてもらったところ、骨盤が左側と後方に傾いていることが判明したため、私の症状に合わせたエクササイズのメニューを組んでいただき、2回目のセラピーまでの3週間、エクササイズを続けました。

そして、2回目のセラピーで姿勢を診てもらったところ、骨盤の位置が正常に戻っていました。わずか3週間で姿勢が戻り、痛みも大幅に緩和され、自分でも驚きました。

やればやるほど痛みが改善へ

今では、強かった痛みも緩和され、かつ、痛みが長く続くことが無くなりました。毎朝の習慣だったウォーキングも再開し、重い荷物を運ぶのも苦で無くなりました。

エゴスキューのエクササイズはやればやるほど痛みが消えていくので、自然と続けることが出来ました。セラピストさんが症状に合わせてメニューを組んでくれるので安心です。


今が夢のよう!坐骨神経痛を克服してゴルフや日常生活を楽しめる体に。

芦名弘子(あしなひろこ)さん (64歳、茨城県)

   
約4年間、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛を患っており、右のお尻や太ももの裏、ひざの裏、ふくらはぎに痛みがありました。整形外科でリハビリを行い、痛み止めの薬を飲んでいましたが、リハビリでは効果を感じず、薬は約1年間飲んでいると、だんだん効かなくなってきてしまいました。

そして、ゴルフ友達からエゴスキューのことを教えていただいたことがきっかけで、個人セラピーを受けました。

個人セラピーを始めて3か月過ぎた頃から痛みがやわらぎ、その後、痛みがあったりなかったりの日々が続きましたが、今現在は痛みはほとんどありません。くつ下を履いたり、洋服の着替えが大変でしたので、今が夢のようです。大好きなゴルフも18ホール無理なくラウンドできます。

自分の体と向き合うことで、日常生活にも気づきが。

仕事に行く前にエクササイズをする時間をつくるため、朝早く起きるようになったり、日常の家事仕事もテキパキとこなすようになりました。今まで、自分の体にいかに無頓着であったとか、ルーズな日常生活を送っていた事とか、いろいろ反省もでき、いろいろな事に気づきました。

エゴスキューの体操は一生もの

痛くて苦しい日々を送っていたので、今、夢のようです。最初は半信半疑で体操をしていましたが、体の奥でエゴスキュー体操をやりたい、動きたいという気持ちがあったように思います。

痛みがなく、ゴルフや日常生活が送ることができ、エゴスキューを教えてくれた友達やセラピストの皆さんに感謝です。ゴルフをした後や、草取りをした日の夜は、タワーを必ずしてから寝ます(右の写真参照)。生きている限りエゴスキュー体操をやっていきます。


40年以上悩まされていた腰痛が改善。長年の習慣で曲がっていた背中や腰も伸ばせるように。

ヒールシャー恵子(ヒールシャーけいこ)さん (70代、東京都)

   
友人からエゴスキューのことを聞き、インターネットで調べて体験会に行きました。もう6、7年前です。帰りに背骨がスーッと気持ちよく伸びたので、早速メソッドの本を買いました。

体の症状としては、腰痛、肩の痛み、首の痛みなどが40年くらい前からありました。当時は時々、ぎっくり腰を起こしたり、常に腰の違和感がありましたが、医者からは病気ではないよ、加齢による背骨の変形だと言われていました。

マッサージや整体に通っても、完治することはなく・・・

水泳やアクアビクスを、ずっとやっていて、急性の炎症を起こした時には医師から、湿布などを貰いました。マッサージや整体に通ったこともあります。完治することはなく、してもらえば、その時は気持ちが良いといった程度です。

しかし、2015年秋に、孫の乳母車を引いて階段を踏み外し、後ろ向きに転倒。それが整形外科から定期的に薬の処方を貰うことのきっかけとなりました。念のためにレントゲンを撮ったら、背骨の側弯、腰椎の椎間板が潰れていたり後ろに滑っている状態だと言われ、痛み止めが出ています。びりびりと電気が走るような症状もあり、坐骨神経痛だと病名を貰い、それのための薬も処方されています。コルセットも買いました。特に薬が効いているとも思いませんが、一応飲んではいます。でも、コルセットは殆どしません。とにかく背中、腰がどんどん曲がってきて、伸びないので。

エゴスキューの効果を実感!腰を伸ばせるようになり、姿勢にも変化が☆

4年前に一度個人セラピーを体験しているのですが、12月に個人セラピーをもう一度定期的にやってみようと決心。3月までに4回、以前の1回を合わせると、5回個人セラピーを受けています。今回は毎日きちんとメニューをこなし、姿勢がずいぶんよくなりました。

まだ、長年の習慣で腰が曲がっていますが、意識すると伸ばすことは出来るようになりました。道を歩く時にも、下ではなく前を見ることが出来るようになっています。 まだ、努力が要りますし、疲れると腰が痛くなります。

エゴスキューメソッドを知っていたことで、理解を深められたことも

とにかく、自分で体を動かして、姿勢を正していかないと駄目だと思っています。いわゆるカブス式のサーキットの体操にも時々行っていますが、エゴスキューのメソッドを知っていると、そこでも何をしているか理解できるようになりました。

これからも、加齢だと諦めるのではなく、年齢なりに出来るだけ姿勢を矯正して、痛みのない生活をしたいです。


77歳で狭窄症や坐骨神経痛、ひざ痛が改善。目標だったテニスも再開へ!

K.Iさん (70代、男性、神奈川県)

   
知り合いの紹介でエゴスキューを知り、77歳で初めてエゴスキューの個人セラピーを受けました。

趣味のテニスを再開するため、まずは体を整えようと体を動かすも・・・

71歳で退職し、毎週末には逗子自宅周辺を、距離にして7キロから8キロ走っていました。退職後、20年近くご無沙汰していたテニスをもう一度したいと考えていましたが、まず体を整える為に、フィットネスクラブでランニングなどをはじめ、同時にヨガや太極拳のレッスンにも参加しました。そして、その3カ月後にはテニススクールに入って2ヶ月の短期レッスンを始めました。

しかし、1ヶ月くらいで左膝が痛くなって、毎週末のランニングは勿論、テニスも出来なくなり、整形外科医で2週間に1回の水抜きと、ヒアルロンサンの注入を行いました。

その後も左膝の痛みがありましたが、週3回の太極拳のレッスンを休まず続けていたら、1年後の73歳の頃、太極拳が影響したのか右膝も痛くなって、両膝の水抜き、ヒアルロンサン注入となりました。水抜きは更に1年間続きました。その後、太極拳も少し上達し膝の負担が減ったのか、両膝ともかなり回復して、3週間ごとにヒアルロンサンの注入だけを行っていました。

両膝の痛みの他に左足には鈍痛も。。

そして思い起こせば、野球に専念していた中学生の頃から坐骨神経痛の持病があって、大学時代以後続けたテニスなどで疲れると、左腰が痛くなることが度々ありました。テニスの機会が少なくなって、坐骨神経痛のことは忘れていましたが、太極拳で右膝が痛くなった73歳の頃から、坐骨神経痛の痛みかどうかは分かりませんが、時々左足に鈍痛が現れるようになりました。

そして、個人セラピーを申し込む頃には、歩行中に左足の膝から足首の左側の面が痛くなり、時々座らざるを得ない状況でした。それでも、逗子から東京まで通って週3回の太極拳と、コースをフルに歩くゴルフを月1回続けて、毎朝、整形外科医から勧められた体操と自分なりのストレッチを行っていました。

整形外科医から狭窄症の診断、手術の話。

しかし、この頃には睡眠の時に左足に鈍痛が続くこともあり、整形外科で、MRIを撮ったところ、脊柱管狭窄症と診断され、坐骨神経痛も狭窄症のためということで、足の痛みやしびれを和らげる薬と神経痛を抑える薬などを飲み、整形外科医からは、腰はそれほど痛くはないのですが、狭窄症の手術を勧められました。

整形外科医からは「テニスは厳禁」と言われましたが、私としては、左足を治癒して、「もう一度テニスに挑戦したい」と思い、エゴスキューを受けることにしました。

個人セラピーを開始。2ヶ月後には、痛みが和らぎ精神的にも楽に。

エクササイズを続けて2ヶ月の頃には、まだ左足の左側面、特に、膝から足首、甲にかけて、歩くときや立っているときなどに、時々鈍痛が起こり、寝ているときには脛が攣ることもありました。しかし、この2か月のE-サイズ(エゴスキューのエクササイズ)によって、痛みが和らいできた、痛みが長く続くことも少なくなったなど、その効果を感じ、精神的にも楽になってきました。

以前は、常に左足が痛かったので、体重を右足にかけて、左足をかばっていたのですが、この頃には、少々痛くても両足で普通に立ち、歩くことを心がけることで、概ね20分から30分程度は左足を意識しないで、当たり前に歩くことができる時もあるようになりました。

個人セラピー8回コースを終えて、痛みが改善!もう一度テニスをやりたい。

その後、個人セラピーを8回まで終え、与えられたメニューを曲がりなりにもこなしていくことにより、従来悩んでおりました膝痛や狭窄症からくる左足の神経痛が時を追うごとに軽くなりました。年齢からくる体力の減退を少しでも抑えることができるという自信も芽生え、精神的にも改善されました。

歩行中などで左足の側面に鈍痛が起こったり、疲れると睡眠中に左足の甲が攣ったりすることもありますが、次の動作が自覚できるときには、割とスムーズに痛みも無くその行動に移ることができます。足と腰のバランスが崩れると、その途端左足に痛みが発生しますが、今後とも頂いたメニューを続けていきますので、遠からず痛みは治まるものと期待しています。

私の今後の課題としては、背中、腰回り(特にお尻)、腿などの筋肉を少しでも強化し、体のバランスを改善することではないかと思っています。私は年齢からみて難しい面もありますが、もう一度テニスの復活を実現するために努力したいと思っています。

それから1年後・・・☆K.Iさんから素敵なメッセージをいただきました。

今は元気に大好きなゴルフをしています。たまに、痛みが出るときもありますが、今、ゴルフが出来る事がとても嬉しいです。今年は、テニスの再開も予定しています!!


すべり症と狭窄症からくる腰痛や足腰の違和感が解消し、爽快な気分で一日をスタート!

T.Aさん (50代、女性、大阪府)

   
エゴスキューとの出会いは、雑誌で女優さんが健康管理として続けいる体操として紹介されていた記事を読んだことがきっかけでした。興味を感じたので、インターネットで検索。大阪で体験教室があると知り、参加させて頂きました。

解消しなくなった足腰の違和感。どうしたものか・・・

首、腰のすべり症及び腰の狭窄症からくる腰の痛みや、足腰に違和感を感じており、大小のトラブルが出ては消えという状況が続いていました。私の場合、良いカイロプラクターの先生と出会うことができ、症状が出ては矯正して頂き、症状が解消されていました。50代半ば頃より、矯正しても違和感が解消されない事が増え、どうしたものかと悩んでいました。

心と体のバランスが整い、爽快な気分で一日をスタートできる喜びを実感

個人セラピーを始めて8回目頃には、夜E-サイズ(エゴスキューのエクササイズ)を行うと、翌朝、何の違和感も味わう事なくスッキリ起きられ、一日を爽快な気分でスタートする事ができました。

しかし、一度はスッキリ改善したものの、新たなるトラブルにより個人セラピーを続けています。E-サイズの魅力はメニューの豊富さと体操の簡便さです。頭をカラッポにしつつE-サイズに励む事により心と体のバランスが整う気がします。

エクササイズの効果に驚くことも

E-サイズの魅力は自分で自分を治す事ができる点です。「こんな体操で症状が改善されるの?」と思う事が多々ありますが、メニューをこなして行くうちに症状が軽減され驚くこともシバシバです。無理のない範囲で続ける事により、自分の体に起きる変化を楽しむ事ができますよ。


片足立ちが1秒も出来なかった足首痛が解消。マラソン60km完走や自己ベストタイムも更新。

松森圭子(まつもりけいこ)さん (50代、大阪府)

   
私は中学生の頃から側弯症で、体が歪んでいました。よく腰痛を起していたことを知っていた高校時代の先生から約2年半前に「エゴスキュー」のことを教えていただきました。

実は、その5年前からランニングを始めましたが、元々あった外反母趾がひどくなり、シューズは、何を履いても痛く、オーダーインソールやオーダーシューズも作りましたが改善されませんでした。また、足首も痛めてしまっていて、片足立ちが1秒も出来ない状況でした。

1週間後には「60kmのウルトラマラソン」へ出場。そして完走!!

エゴスキューを紹介されたのは、「このまま走り続ければ、ますます足を痛めてダメになってしまう。」と思っていた時でした。そして、ちょうど1週間後に初めての60kmウルトラマラソンも控えていたのです。

即、ネットで検索して「驚異のエゴスキュー」の本を買いました。そしてウルトラマラソンでは、エゴスキューの基本姿勢を意識し、まっすぐ足を着地することを心がけて走りました。
   
すると、60kmも走ったのに痛みはいつもほどありませんでした。それから半年間、本に書いてあるエクササイズを続けました。

エクササイズから始まる一日の積み重ねで、体幹を使って走れるように

そして、もっとエゴスキューを知りたいと思い、個人セラピーを受けに名古屋まで行きました。その後はオンラインで個人セラピーをトレーナーさんのサポート受けながら続けています。毎朝、楽しくエゴスキューのエクササイズをしています。体がシャキントして気持ちよく一日が過ごせます。

今では、趣味のランニングでも、練習量が、最盛期の三分の一まで減っているのにもかかわらず、9ヶ月後のフルマラソンでは自己ベスト記録の3時間47分で完走することができました。エゴスキューで股関節と肩甲骨が正しく動かせるようになり、体幹を使って走ることで、フォームが改善されました。

フルマラソンで自己ベストタイムも更新!

もちろん今は痛みもありません。整骨院に通ったりテーピングをしたりする必要がなくなりました。外反母趾も少しずつ良くなっています。個人セラピーを受けて本当に良かったと思います。歪みが、少しずつ改善され、姿勢が良くなり嬉しいです。マラソンが続けられ、自己ベスト更新できたのはエゴスキューのお陰です。

これからエゴスキューを始める方は、まずは体験してください。毎日、エクササイズを続けるだけで、自分で歪みを治せるエゴスキューはすばらしいと思います。


すべり症の腰痛が解消!とても元気になり、仕事や山登りなど人生を楽しんでいます。

渡辺千賀子(わたなべちかこ)さん (50代、岐阜県)


   

   
すべり症からくる腰の痛みに1年間ほど悩まされ、あらゆる治療院をまわりました。そんな時、テレビのトーク番組でエゴスキューを知り、個人セラピーに申し込みました。個人セラピー後には、痛みが消え、ゆがみが取れ、腰の痛みが良くなりました。

「最後のカケでした。」これで、治らなかったら、この先痛みと上手に付き合っていくつもりだったので、感謝以外のなにものでもありません。痛みのない体が、こんなに日々楽しく幸せな日々にしてくれるのだとつくづく思います。

もし、エゴスキューという物に目がとまったら、まず一度体験なりスクールに来て、E-サイズ(エゴスキューのエクササイズ)を試してほしいです。
 
 

※個人セラピーに通われ始めた当初、腰が痛くて理容師の仕事にも支障をきたし、友人とランチに出かけても座っているのが苦痛で仕方がなかったという渡辺さんは、8回のセラピーで見事腰痛を克服されました。

そして、約1年ぶりに名古屋スタジオにお立ち寄り下さり、その時に最近の様子をお聞きできましたのでご紹介します。

 

1.コース修了から1年が経ちましたが、今、どんな生活を送られていますか?

とても元気になりました。
仕事、山登り、その他いろいろ・・・人生を楽しんでいます。
少々痛みが出ても、教えて頂いたE-サイズで自己管理できる事が嬉しいです。
本当にエゴスキューに出会えて良かった〜です!

~これから始める方へのメッセージ~

途中めげそうになっても諦めない事・・・だと思います。


腰部変性すべり症で立つことも歩行も困難で横になる日々。今では1キロ歩けるまでに改善。

中嶋陽子(なかじまようこ)さん (50代、埼玉県)

   
7年前、私は整形外科で腰部変性すべり症と診断されました。
痛みやしびれの中、病院回りを繰り返し、有名な先生から「足腰がしびれて歩けなくなったら腰にボルトを入れる手術をしましょう。運動はしないで。」と言われました。

すると、その数ヵ月後には、突然左足腰がギクリとして立てなくなり、左足を床につけて歩くことができなくなりました。家具につかまりながら3歩4歩と家の中を移動し、横になる生活が続きました。

それから数年後、インターネットですべり症の体験談を見つけました。それが「エゴスキュー」でした。


早速「エゴスキュー腰痛解消プログラムのDVD」を取り寄せて、エクササイズをやってみました。

体を動かしていなかったのでうまくできなかったけれど、エクササイズを行った後、体が少しまっすぐになったような感覚がありました。そして、何日か続けると左足が床につくようになり、だんだんと体が安定してきたのを覚えています。

DVDのエクササイズを続け、3ヶ月経った頃には、杖をついて200メートルゆっくり歩けるようになりました。

私のできることをしよう。その勇気が実感に変わる。

そして主人に付き添ってもらい、渋谷エゴスキューに個人セラピーを受けに行きました。

個人セラピー8回コースを続けていく中で、少し痛みのでる苦手なエクササイズがありましたが、セラピストさんに「大丈夫、できる!1秒でもマネをしてやってみて。」と勇気づけられ、続けることができました。

次第に、「私のできることをしよう」「エゴスキューでよくなっている実感がある」「レントゲン画像や医師に言われたことはもう気にしない」と思えるようになりました。

今では気持ちよく歩けるほどに改善。

エゴスキューを始めて3年半たち、今は杖を使わず1キロくらい続けて歩けるようになりました。

調子の良い日は木や花、空を見ながら気持ちよく歩けます。これからもエゴスキューをずっと続けて元気を取り戻し、何か新しい事にチャレンジしたいと思っています。


坐骨神経痛と脊柱管狭窄症の痛みが改善。階段の上り下りも軽快に

君島和子(きみじまかずこ)さん (60代、栃木県)


   

   
2015年2月のある朝、目覚めると腰の左側から左の足首にかけて重い痛みを感じ、起きようとしてもしばらく起き上がれませんでした。なんとかベッドから這い出しましたが、10歩ほど歩くと痛くて座り込んでしまうありさま。歩こうとしても腰を90度近く曲げないと歩けないほどでした。

病院に行くと「坐骨神経痛と脊柱管狭窄症」と診断され、「一週間痛み止めの薬を飲み、改善がなければ手術を考えましょう」と言われました。

手術はできるだけ避けたいと思ったので、マッサージ治療や整骨院など10ヵ所ほど行き、リンパマッサージ、鍼、カイロプラクティック、気功、電気治療など試しましたが、そのほとんどは1~2日はほんの少し楽になったような気がしますが、すぐ元の痛みがぶり返してきます。何をしても痛みが一向に取れないつらさに将来への不安も重なり、生きることさえ投げ出したくなる思いでした。

自分の体と心と向き合って治したい

そんな時、数年前にテレビで芸能人の方が、エゴスキューで体調を整えているという番組を見たことをふと思い出しました。当時は腰の痛みもなく特に興味を持ちませんでしたが、「エゴスキュー」という言葉(名前)が印象的で、脳裏に刻み込まれていたようです。

今までの治療は、すべてが対症療法と感じ、すべての通院をやめて自分の体と心に向き合って治したいと考え、個人セラピーを申し込みました。

セラピーのコースは計8回で、渋谷まで通いました。最初の1~2回は駅からスタジオまでの距離がとてもつらく感じましたが、3回目になると階段もすたすたと上り下りできるようになり、とても驚きました。

半信半疑で始めたエゴスキューでしたが、痛みがどんどん改善していき、人生の景色が違ってきていることを実感し、感動しています。今後も一生明るい生活のために体操を続けていこうと思っています。


20年以上悩まされた腰痛・膝痛・足首痛が解消。フルマラソン完走!

岩井絵理華(いわいえりか)さん (40代、岐阜県)

   
私は、20歳の時に足首が3倍に腫れるようなひどい捻挫(ねんざ)をして靭帯を損傷して以来、年に3~5回の頻度でぎっくり腰を起こすようになりました。

立つのも歩くのも30分で限界に

そんな状態が5、6年続くとさすがに辛く、体のゆがみを徹底的に治そうと2、3ヶ月整体院に通いました。その後、ぎっくり腰にはならなくなったものの、慢性の腰痛や膝と足首の痛みに20年以上ずっと悩まされ続けてきました。

特に捻挫した左足首は年齢を重ねる毎に痛みの強さと起こる頻度が増し、4年前の時点では、30分以上立ったり歩いたりしていると痛み始め、更に動くと腫れ上がって痛さで歩けなくなり、日常生活にも支障をきたすようになってきました。

このままでは将来寝たきりになってしまうのではと怖くなり、何件もの整形外科を回りましたが「靭帯を数本切ったか伸ばしているので、どうしようもないね。」「安静にしていないと、歩けなくなるよ。」「年とるともっとひどくなるよ。」など、どの病院でも同じような事を言われるだけでした。

足首の骨が癒着していたため治療を受けるも、、、完治せず

でも、ついにある整形外科で、靭帯の損傷に加え、足首の骨がずれたまま癒着している事がひどい痛みや腫れの原因だとわかり、その癒着を治して貰いました。

その後足首の痛みはかなり軽減され、日常的な動きなら普通にこなせるようになりましたが、それでも少し長い距離を歩くと左足首は痛くなり腫れます。ヒールのある靴を履いたり、走ったりなんて事は夢のまた夢でした。

そして、当然体全体がゆがんでいて、膝と足首が痛くて正座はできないし、毎晩布団に入ると5時間程で腰が痛くなり、その痛さで目が覚めて眠れないという状態でした。

主人から「エゴスキュー」の勧め

painfree_bookそんな時に、主人が雅代さんのブログから腰痛に効くというエゴスキューを見つけてきました。(※雅代さん…越山雅代。エゴスキューを日本に伝えてくれた人。ロングセラーズ刊『痛み解消メソッド・驚異のエゴスキュー』監修・翻訳者。)

主人は趣味でマラソンやトライアスロンをやっていて、彼も慢性の腰痛や膝痛にいつも悩まされていたのです。

主人はすぐに『驚異のエゴスキュー』を購入して何度も読み返し「エゴスキューの理論は素晴らしい!」と、即Eーサイズ(エゴスキューのエクササイズ)をやり始め、「体の調子いいよ、本だけでも読んでみたら。」と私にもエゴスキューをしつこく勧めてきました。

私はというと、本をチラッとは見たのですが、馴染みのないポーズばかりで取っ付きにくく感じ、またその頃は動くと体のどこかが痛くなるので運動するのがとにかく億劫で、ずっと主人の勧めを無視していました。

家族3人でセラピーを受講

でも、わずか数ヶ月の間に長年あった主人の腰の痛みが和らいでいくのを目の当たりにして、私もようやく重い腰を上げ、半年後やっと主人と一緒に本を見ながらのEーサイズを始めました。

結果は、やり始めて1週間で睡眠中の腰痛がなくなり、7年ぶりになんと朝までぐっすり眠る事ができました。朝スッキリと目覚めた時は本当に感動しました。わずか1週間でエゴスキューの素晴らしさを実感でき、これはすごいぞと思いました。

そして、もっとしっかり学びたいと思い、腰痛・膝痛持ちの主人と私、中学で陸上をやっていて足の故障が多かった長男の3人で個人セラピーの家族コースを申し込みました。初めて個人セラピーを受けた2週間後、突然ぎっくり腰のような症状が出て1週間程動けなくなり驚きましたが、電話で問い合わせたら、好転反応のようなものだから大丈夫と言われ安心しました。

足の痛み・腫れが解消、ヒールのある靴も履けるように

そして、1年後に個人セラピーのコースを終えた時には、息子は怪我や故障を全くしなくなり、主人は外反母趾が治り、腰痛と膝痛もほとんど無くなりました。

erikasan私も、猫背が治って背中にもS字カーブができ始め、さらに嬉しい事に、どんなに歩いても左足首が痛む事も腫れる事もなくなったのです。夢だったヒールのある靴も履けるようになりました。

そして体がどんどん若返ってきているのを感じ、体を動かすのが楽しいと思えるようになりました。同時に、気持ちもとても前向きになってきて、いろんな事にチャレンジしたいと思うようになりました。

そこで、個人セラピーを終えるとすぐに、エゴスキューや体の事をもっと学びたい、また私たちのように痛みで辛い思いをしている人達のお役に立つことができれば、そして多くの人にエゴスキューを知ってもらいたい、という想いから、トレーナーとセラピストの資格を取りました。今後は、この資格を生かしてどんどん周りの人達にエゴスキューを広めていきたいと思っています。

※現在はエゴスキュー・ジャパン、名古屋セラピースタジオのセラピストとしてご活躍されています。

家族と一緒にランニングも出来るように

そして、2013年の夏から私も、私以外の家族の共通の趣味だったランニングを始め、毎朝エゴスキューをした後その日の体調に合わせて2~10km程走っています。子どもの頃から走る事が大嫌いで、今まで1km以上の距離を走った事がなかった私がこの年になってランニングを始めるなんて自分でも驚きですが、一番驚いたのは私の変化をずっと見てきた家族だったようです。

また、陸上をやっている知人からは「突然走り始めた初心者がいきなり10kmを平気で走れるなんて…」と驚かれましたが、全てエゴスキューのお陰!体に歪みがなく、適度に体を動かし続けてさえいれば、何をやっても大丈夫なんだと今は自信を持って言えます。

今後の目標は・・・

今の私の目標は、年末の市民マラソン大会に家族で参加し、その次はフルマラソン、更にはサロマ湖の100kmマラソンに家族みんなで参加しようねと夢を膨らませています。

「歪みが無くなると痛みが無くなる。」「痛みが無くなると体を動かしたくなる。」「体を動かすと心も体もどんどん元気になっていく。」今それを心から実感しています。これからの人生、今までの分を取り戻す為にも、痛みのない生活を目一杯楽しもうと思っています。

2014年10月には家族でフルマラソンの大会に出場し、42.195km完走しました!


1 2 3 4

このページでご紹介している体験者の喜びの声は、個人の感想であり個人差があります。効果効能をうたうものではありません。 こちらのページで紹介している映像、写真を含むすべての情報には肖像権および著作権が含まれています。一切の転載、転用はご遠慮ください。 お知り合いにご紹介いただける際には、このページのアドレスをそのままご紹介ください。