エゴスキュー体験者の声

1 2 3 4

世界NO.1カリスマコーチ アンソニー・ロビンズ氏推薦!

アンソニー・ロビンズ氏

(現在、動画は英語版にてご覧いただけます。)


(動画の日本語訳)
成人の80%以上の人が、腰痛であったり、筋肉が影響する痛みを持っているそうです。
そして、なんと病院に行く理由の5番目が、そのような痛みや症状と言われています。
ただし、それらの症状に対する処置のほとんどが、薬の投与であったり、手術で患部を取り除くというものです。28~9歳の頃、私が酷い腰痛で苦しんでいたところを、一人の男性が助けてくれました。彼の名は、ピート・エゴスキューと言います。その頃、彼は「PAIN FREE」と言う著書を出版していました。

彼は、何をやってもダメだった二度と治らないと思っていた慢性の痛みを、わずか2回の個人セラピーで、その諦めていた私の考えを打ち破ってくれたのでした。本当に簡単なエクササイズで、筋肉のバランスを整え、あっという間に痛みが消え、私の肉体を違うものへと変えてくれたのです。今では、朝、そのエクササイズを行う事で、体のバランスが変わり、とても快適な一日を過ごせるのです。こんな素晴らしいメソッドを作り上げたピート・エゴスキュー氏も紹介したいと思っています。

是非、こう言った叡智を利用して、この夏は、ただ見た目だけではなく、体の中身まで格好良くなって下さい。強くなって、多くのエネルギーを吸収し、健康になり、バイタリティーを持っていれば、どんな困難でも必ず乗り越える事が出来ます。この私のメッセージが、皆さんのお役に立てる事を望んでいます。

ここは、あまりに暑いので、汗をかき始めてしまいましたが…(笑)
どうも有難うございました。フィジーより…また会いましょう。


障がい者認定を受けるほどだった体の痛み・ゆがみが、エゴスキューで改善!

山田治男(やまだはるお)さん (60代、青森県)   
   

      

かつて私は、交通事故での大腿骨の複雑骨折を経験しました。事故による手術で右足の方が長くなり、ひざと足首は変形関節症になり、椅子に腰掛ける時など、体を低くしながらひざを緩ませていくとひざが内側へ折れ、かかとが上がってしまうほどでした。そのゆがみは身体障がい者認定を受けるほどの状態でした。

その後は、起き上がれなくなるほどの脊椎すべり症、肩関節症、腰痛、ぎっくり腰、ヘルニアになり、痛みが出ると整形、整骨院、整体へ駆け込むようになりました。治療してもらった時は良くなるものの、数日経つと元に戻る、そんなことを20年以上繰り返してきました。

3年前、退職を機にひざと足首の金具を取り、インターネットで「成功率95%」という「エゴスキュー」を見つけて、さっそく「エゴスキュー腰痛解消プログラムDVD」を買い実践してみると、整体へ行った時と同じに腰痛が1回で消えたのです。

「他の人にも伝えられたら」とエゴスキュー・トレーナーを目指す

昨年は、毎日の雪かきで、腰痛が出てはDVDのメニューを行い続けるうちに、痛みも出なくなり、体も軽く動けるようになったことに感動して、「他の人にも伝えられたら」とエゴスキュー・トレーナーを目指すことにしました。そしてトレーナー養成コースで姿勢の重要性を学び、1回目の個人セラピーでは「自分のような体でも正常に戻れるのだ」と希望を持ちました。

個人セラピーを受け始めてからは、もう治らないと思ってたヘルニアのしびれも2ヵ月ほどでいつの間にか無くなり、エクササイズ(エゴスキューの運動) によって、右足のひざが外側に1センチも動かなかったのに、今では10センチくらい開くようになってきました。さらに、右の足首の曲がり方も3分の2程度 まで改善して、足の筋肉が機能を取り戻しつつある状態で、毎晩ふくらはぎに好転反応の痛みを感じています。まだまだ改善しそうで楽しみです。

これからも自分のメニューを続けながら、姿勢分析などをさらに勉強し、次はエゴスキュー・セラピストを目指して、明るく元気に過ごせるようにエゴスキューを紹介していきたいと思います。

この体験談を寄せて下さった当時はまだ講師未経験でした。
2012年の開催された青森でのエゴスキュー体験会で、見事講師デビューを果たした、山ちゃんこと山田治男さん。なんと6人のお孫さんがいらっしゃるそうです。


400人の8割に効いたと実証!長年の腰痛も2日で消えたエゴスキュー

伊東佳澄(いとうかすみ)さん (50代、北海道)
【ふじのさわ内科クリニック院長】   
   

      

私がエゴスキューに出会ったのは、2年ほど前です。そのころの私は、「腰椎」の椎間板ヘルニアに端を発する坐骨神経痛に長い間悩まされていました。

痛みは、治まるどころかひどくなるばかり。やはり手術しかないか、と落ち込んでいたとき、友人からエゴスキューの本を紹介されたのです。

手術する前に試しにやってみよう

そんな軽い気持ちでやってみたところ、「あれ?痛みが軽くなった」と、その場ですぐに効果を感じたのです。これはすごい、と感心して翌日も行ったところ、今度はすっかり痛みが消えてしまいました。

1年間悩まされていた痛みが、たった2日で治ってしまったのです。

私のクリニックは一般内科で、生活習慣病の患者さんが多く来院されます。その多くは、腰やひざ、股関節にも慢性の痛みを抱えているため、今では、そんな患者さんにエゴスキューを勧めるようになりました。

エゴスキューの最大の特徴は ”自分で治すことができること”

薬も手術もギプスも特別な器具やマシンも必要なく、また病院や治療院巡りをすることなく、自分の努力で、自分の体をよみがえらせることができる。それが、多くの人に支持されている魅力ではないでしょうか。

筋肉は、脳と同じで使わないとどんどん衰えていきます。普段よく使う筋肉とあまり使わない筋肉との不均衡が、私たちの骨格をゆがませ、痛みをつくるのです。そこで、エゴスキューのシンプルな動作によって、あまり使わなくなった筋肉に適切な刺激を与えます。すると、筋肉が本来の動きを思い出すのです。

エゴスキューでは、これを筋肉の再教育と呼んでいます。こうすることで、理想的な姿勢になり痛みが消えるのです。

変形性股関節症と診断されていた方の症例

エゴスキューを行い、眠っていた筋肉を目覚めさせ、股関節を正常な位置に戻すことで痛みが取れる。そんな症例をたくさん見てきました。

変形性股関節症と診断されていた76歳の男性は、整形外科で「もう年だから治らない」と言われ、痛みに耐えながら毎日を過ごしていました。そこで、エゴスキューを数回続けたところ、痛みが激減。2週間後にはすっかり解消してしまいました。

77歳の女性も変形性股関節症と診断されていましたが、同様にエゴスキューを勧めたところ、16週目に「先生、どこも、なんともありません。痛みが取れたんです!」と。これまで手放せなかった杖が、今では杖なしでスタスタと歩いておられます。

抱えていた痛みがよくなった患者さんは8割以上

私のクリニックできちんとデータを取るようになって2年半がたちますが、エゴスキューを実践された患者さんは、400人以上に上ります。

そのうち、抱えていた痛みが「すっかり治った」「よくなった」という患者さんは、なんと8割以上。

皆さん、「たったこれだけの動きやポーズで?」と一様に驚かれます。加齢や運動不足による「痛み」に対し、整形外科でできることには限界があります。せいぜい痛み止めを出す程度です。

その点で、「自分で筋肉を再教育して、自分の骨格を正す」というエゴスキューの理論は、とても画期的で有効な手段です。自分と患者さんの健康のために、これからもエゴスキューを続けていこうと思っています。


腰の激痛で寝たきりだったのが、今は子供たちと元気に走り回っています。

安藤こずえ(あんどうこずえ)さん (30代、愛知県)
【保育士】   
   

      

   
平成23年6月。突然の激しい痛みと共に立ち上がることも、歩くこともできなくなってしまいました。診断名は「椎間板ヘルニア」。

「先生、治りますか?いつから仕事に戻れますか?」

私の問いに医師はこう言いました。

「基本、一度椎間板ヘルニアになったら治るということはないです。
自分のこの状態を認識して上手に付き合っていくことです」と。

これが答え?とてもショックでした。

痛みと付き合う?それは痛みのない生活には戻れず、やりたい事も制限されるということ?仕事は?

私は保育士です。
医師も「デスクワークではないからいつから仕事に戻れるとは言えない。とりあえず痛み止めの注射をしながら様子を見ていきましょう。」と。

そしてあまりの痛さに耐え兼ねその日はブロック注射を打ってもらい帰宅、それでも痛みはなかなか取れず必要最低限以外ベッドから起き上がることもできない生活が始まったのです。

エゴスキューでみつけた「筋肉の再生」という言葉

しかし、ベッドに持ち込んだノートPCで「椎間板ヘルニア」についての情報を集めました。その中で「エゴスキュー」と言う初めての言葉が目に入ったのです。そして中でも私が一番引っかかったのが「筋肉の再生」と言う言葉でした。

その後、すぐに本を購入。そして一週間本の中の「腰痛」のエクササイズを実践後、名古屋セラピースタジオに電話をし、個人セラピーの予約を取りました。

初めてのセラピーに足を引きずるように出掛けたのが椎間板ヘルニアを発症してから約2週間後。5回目のセラピー(H23年9月中旬)の頃には痛みも違和感もほとんどなくなっていました。

そして今現在、私は元気に子供たちと走り回り、楽しく仕事をしています。痛みがなくなった今、エゴスキューの素晴らしさに対しもっと知りたい、学びたいという欲が出てきました。私の今後の目標はトレーナーの資格を取ることです。

   


左膝の激痛、何をやっても駄目だった体の痛みが「エゴスキュー」で大改善!

佐藤さん (50代、東京都)      
   

      

2003年の冬、私の乗った自転車が脇見運転の車と正面衝突する事故に遭ってからというもの、左膝靱帯損傷、左足をかばったことによる右足の付け根あたりの激痛、腰痛、首の違和感に悩まされるようになりました。

歩くと右足の付け根と左膝が痛み、椅子に座っていると腰が痛くなり、じっとしていても首が気持ち悪いのです。運動できないので、甘い物や缶コーヒー等の摂取も増えて糖尿病にもなりました。翌年には左手指の関節が腫れて激痛が走り、指が曲がり、ヘバーデン結節と診断され、どんどん体が壊れていくような、怖い思いをしました。整体、接骨院、サプリメント……

どれだけいろんなことを試したか体が壊れていく恐怖と戦いながら、毎日、何か解決策はないかと調べ、毎週のように接骨院に通っていました。接骨院や薬の一時にはよくなり、ああよかったと思っていたら、また、症状が出てがっかりということを繰り返しました。

そして2010年の春、駅へ向かって歩いているときに足ががくんとして激痛が走り、冷や汗が出ました。その瞬間は今でも忘れもしません。ついに歩くことも怖くなりました。その後、腰痛も悪化し1ヵ月以上整形外科に通って牽引したものの改善しませんでした。

個人セラピーで、腰痛・膝痛が改善

そんなときに、エゴスキューを知りました。
2011年8月から個人セラピーを受けました。3ヵ月くらいすると、腰痛から解放されました。そのうちに、膝、足の付け根の痛みも全くなくなりました。そして今では、体がすごくやわらかくなりました。

私は呼吸法の道場にも通っているのですが、今年の春ごろから、指導員の方に、「すごい(体の)バネですね」とびっくりされるようになりました。体が思うように動くこと以上の喜びがあるでしょうか! 本当に感謝しています。ありがとうございました。


膝の痛み、腰痛・股関節・頭痛、アゴの不快感など全身の痛みを解消!

A.Fさん (30代、岐阜県)
   

私は長い間体の歪みに悩まされてきました。小学生の頃に怪我が原因で腰痛を患い、大人になってからはそれに加えて、仕事での手の酷使による腱鞘炎や、股関節の異常、足底腱膜炎、膝の痛み、肋間神経痛、肩、首凝りによる頭痛、顎関節症、また、病院では聞き慣れない病名を診断されたこともあり、歪みによる痛みや、倦怠感などの異常は全身にわたっていました。

以前の仕事では、かつての腱鞘炎の症状が固定した後に就いたので、なんとか出来るだろうと思っていたのですが、かなり手や腕に負担がかかる仕事だったので、半年ほどでかなりきつい状態になり、手首から腕、肩、首、頭と、どんどん異常個所が増えていき、また、中腰での作業の為、下半身はゴムのコルセットをきつく締めた状態で行い、股関節から、足、膝と異常個所が増えていきました。

整体や病院に通うも、日常生活も困難な状態に

とにかく仕事ができるようにと、痛みで仕事ができなくなると整体で治療してもらい、仕事をしてさらに悪くなるの繰り返しでした。整体もいろんなところに行きましたが、その当時はその中で一番効果を実感できたところに、週3回ほど行かないと仕事ができない状態だったので、金銭的にも苦しかったです。

右半身は異常に筋肉が異常に固くなってしまい、整体師が全身の体重をかけて指圧しても、ほとんど何も感じなくなり、単純に痛みとは言えない辛い状態が二年以上続き、ついに限界になり、仕事はおろか、普通の日常生活も困難な状態になってしまいました。

病院でも整体でも、体を休ませるしかないと言われた事があったので、しばらく休めば治るだろうと思っていましたが、まったく治る気配がありません。横になって呼吸をするのもしんどい状態なので、苦しくて朝まで眠る事が出来ない状態でした。当時通っていた病院で出せるもっとも強力な睡眠薬でも、苦しさが勝ってしまっていたのです。

さらに、体がひどく歪んでいくにつれ、数年前、約一年かけて自己治癒力で治したアトピー性皮膚炎が再発してしまいました。それも最初は右腕など、歪みの症状がひどくて筋肉が異常に固くなっているところばかりがただれてしまい、最終的には全身に広がってしまったのです

そんななか、友人の紹介で、県外で時間はかかるけれども、すごくいい整体があるということを聞き、半信半疑でしたが行ってみると、たった一回の施術で、今までの治療はなんだったんだという位の効果があり、その日には睡眠薬を半錠飲めばぐっすり眠ることができ、皮膚の状態も一日で劇的に改善され、これは神業だなと思いました。

その時には膝もひどい形に変形していたのですが、かなり改善されたので、一回でこれだけの効果なのだから、このまま治療をしていけば治るだろうと思いました。やはり骨格がずれてしまう事で血流やリンパ液の流れ、内臓の位置が変わる等でいろんな異常が起こるのだなと思いました。

エゴスキューの本との出会い

そしてその頃、はやく治さなければと、インターネットで調べていて見つけたのがエゴスキューの本でした。正直な話、それを初めてやって症状が改善されたということはありませんでしたが、そのアプローチは間違っていないと直感でわかりました。体がうまく動かなくて、簡単そうでも出来ない動きばかりでしたが、これが出来る状態というのは健康な状態であるという風に思えたからです。特に片足を伸ばして寝ているエクササイズは、右と左の差が激しく、自分にとって必要なものだとわかりました。

さて、整体や、自宅で本を見てエクササイズをつづける日々が一年近く続いたのですが、良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。また、毎日仕事を出来る状態でもないので、たまに日雇いのアルバイトをするのですが、そのたびに状態が悪くなり、整体でも最初に受けたほどの効果は実感できない日々が続いていました。

個人セラピーを受ける決意

整体では骨だけを動かすものなので、もちろん前よりいい状態なのだろうけど、癖のついた筋肉はそのままで、体の中のなんとも形容し難い違和感はかなりありました。また、その状態の当時の自分には肉体労働は良くなく、アトピー性皮膚炎もそうとうひどい状態になってしまい、夜は苦しいので座って寝るような日が続き、もう限界だと感じ、高額であるために躊躇していたエゴスキューの個人セラピーを受ける事を決意しました。

まずは数週間、なんとか出歩ける位の回復を待ち、電話をしてみました。多分大丈夫だと思うけれども日によって体調が全く違うので日にちが変更になるかもしれないことを伝えると、快く了解してくださったのがありがたかったです。

そうして個人セラピーを受けてみると、本には載っていないエクササイズも数多くありましたが、すでに知っているものでも、自分の今の状態では違う刺激になってしまうので少し変えてやる方がいい事も教えて下さり、なるほどなと思いました。

それで自分専用のメニューを毎日続け、これは凄いなと思いました。それまでどれだけやってもできなかった動きで、出来るものが出てきました。また、あるエクササイズをすると、それまで固くなって滞っていた血流なのかリンパ液なのかが、一気に内部で流れているのが実感出来たのです。

エクササイズと整体の併用で、初めて症状が改善

その後二カ月ぶりくらいに整体に行ってみると、個人セラピーのことは何も伝えていないのですが、触っただけで「凄い肩が柔らかくなってるね、これなら治しやすいわ」と言われ、外れて固まっていた様な状態の肩がその日ある程度繋がったようでした。もちろん体も楽になり、皮膚に至ってはたった数日で劇的に改善されました。一番悪かった右肩が原因と思われますが、右の二の腕は個人セラピーを受ける少し前に感染症を起こしてしまい、包帯を巻いていたのにも関わらずです。

アトピー性皮膚炎に関しては、以前自己治癒力で治してから、副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤は一切使用しない皮膚科に行っていたのですが、そこの医師が「何をしたの?」と驚いていました。

その後8回コースを受けることにし、新しいエクササイズが増えるたびに体が変わっていく(健康な状態に戻っていく)のが実感できました。もちろん睡眠薬無しで眠れますし、仕事に就く事もできました。

8回コースを終えての感想は、受けて本当に良かったということです。エゴスキューでなければここまで改善されなかったと、自分では思っています。

エゴスキューを始める事を検討している方に伝えたいこと

もし本当に困っている方はなるべく早く始めた方がいいと思います。そこまで困っていない人でも、人生をよりよくしたいという向上心があり、それを実行できる方にもとてもお勧めです。

私のような怠けものは、ある程度痛みや辛い症状があっても、面倒なことはしたくないと思ってしまうものです。しかし、何よりも健康が大事で、それがいかに素晴らしいかということに気づくのは、自分が大変不健康になってしまった時です。

本当に困ってしまうと、何をしてでもそこから脱却したいと思い、そしてあらゆる可能性を実行します。エゴスキューは自分でやるものなので、そういう思いの人は必ずや成功するでしょう。

私は完全にではありませんけども、かなりの健康を取り戻し、これからも自宅で続けていきます。まだまだ良くなる事がわかるからです。しかしながら、ある程度の健康を取り戻した今では、「今日はいいかな?」などとサボる事が頭によぎります。そんなとき、囚人がたった一つのスプーンで壁を破り、自由を取り戻したような、強い思いがかつてあった事を思い出します。賢者は歴史に学び、愚者は体験に学ぶといいますが、愚か者以下になってしまってはいけないなと自分に言い聞かせる今日この頃です。

アトピー性皮膚炎に関しては、それまでステロイドを使わず治す方法を全て実行し、それまではそれで治ったけれども、体がひどく歪んでしまって、それだけでは治らなくなってしまった上での効果ですので、エゴスキューだけで全て治ってしまうとは言いませんが、かなりの効果がある事は間違いないと思います。基本的には睡眠、運動、バランスのいい食事が大事ですが、運動という面でかなりの効果を発揮しますし、睡眠にもかなりいい影響があると思います。


20年来の肩こりをはじめとする慢性的な疲労と痛みがエゴスキューで解消!

檜垣里江(ひがきのりえ)さん (30代、広島県)
   

「エゴスキュー」に出会うまでの私は、中学生の頃からのすごい肩こり、歳を重ねるごとに頭痛、顎関節症、腰痛が加わり、20代になってからは常に体調が悪く病院でいろいろ検査を重ねても、原因がわからないまま慢性的な疲労と痛みがすごくなっては寝込んでしまう、という毎日を過ごしていました。

そんな健康状態に不安をかかえていた私より先に、個人セラピーを受けていた母が「一緒にやってみない?」と誘ってくれたのがエゴスキューとの出会いでした。母からエクササイズ(エゴスキューの運動)の説明を聞いた時には、「本当にこんなので20年近く悩んできたものが良くなるの??」とかなり半信半疑でしたが、試しに1回…と受けてみた個人セラピー後の身体の変化に驚き、母から強い勧めもあり続けて個人セラピーを受けることにしました。

3週間の自宅エクササイズで変化を実感

2回目のセラピーまでの3週間、毎日個人メニューのエクササイズプログラムを行いました。すると…

1週目……骨盤のずれと顎(あご)、肩、背中の痛み、身体のだるさが軽減

2週目……仕事中、腰の痛みがひどくてつらくなってきたので、休憩時間にカウンターストレッチというエクササイズをしたところ、肩甲骨近くの背骨が「ボコンッ!!」と大きな音をたてました。まるで「ずれていた骨がはまった」という感じです。その後毎日悩まされていた腰から背中、肩の痛みをほとんど感じなくなり、一日立ち仕事をしていても疲れの感じ方が変わってきました。

3週目……顎の痛みとこわばりが楽になってきた頃から、顔の輪郭に変化があり、久しぶりに会った両親には「顔がひと回り小さくなってる!!」と驚かれました。

3週間という短い期間で痛みに対して驚くほどの変化を実感したのですが、もう一つの悩み「体調不良」にも良い変化がありました。

体調も良くなり、ニコニコ元気に

35℃台だった体温が36℃台になり、冷えを感じなくなり胃腸の調子も良くなった頃から、気づけば調子が良い日がふえ、寝込むこともなくなりました。

痛みから解放され、体調も良くなり精神的に楽になったことで、「今まで体調のせいであきらめていたことにも挑戦してみよう!!」という気持ちもでてきました。今ではもし痛みを感じても、エクササイズをすればいいという痛みの対処方法を知っている安心感があります。

またニコニコ元気な私の様子に、周りの人から理由を聞かれたりするようにもなりました。痛みが無い生活って素敵です!


1 2 3 4

このページでご紹介している体験者の喜びの声は、個人の感想であり個人差があります。効果効能をうたうものではありません。 こちらのページで紹介している映像、写真を含むすべての情報には肖像権および著作権が含まれています。一切の転載、転用はご遠慮ください。 お知り合いにご紹介いただける際には、このページのアドレスをそのままご紹介ください。