エゴスキュー体験者の声

1 2

エゴスキューに出会い、やっと整体とも縁が切れるようになりました。

T.Sさん (60代、女性、三重県)

   
hikari1昔から体を動かすことが大嫌いでした。運動の時間はよくさぼりました。体操をしてもすぐ疲れてしまいゴロン。私の中には、「動く=疲れる」というのがインプットされていてそんなに動いていないのに、疲れを感じてしまうようななんとも情けない状態でずっと過ごしてきました。

運動の本を何冊も読んで、それで満足しているような自分で、なかなか実行できず、頭では「体を動かすことは大切」と思っても、続かないというのが現状でした。

幸い、たいした大病もせず、こんなものかと思って過ごしてきました。でも、何となく右の股関節がおかしいというのはわかっていました。そして、だんだん年を重ねるうちに、背中が張ったり肩こりがひどくなることが多く、整体に2~3カ所通い、それなりに良くなってきました。

しかし一昨年、NHK文化センターでエゴスキューを知り、「自分の体を自分で治す」という言葉にハッとしました。

運動嫌いの私が・・・

そして、さっそく個人セラピーを申し込みました。すると体だけでなく心もどんどん変わっていきました。うれしかったですね。だって運動でほめられた経験がゼロでしたので、セラピストの方に「すごい!すごい!」なんて言われると嬉しくて、ますます毎日メニューをこなしたくなっていきました。

心の変化としては心が軽くなり、そして、心がおだやかな日が多くなり、以前は他人の言動にすぐ反応して落ち込むことが激しかったのですが、今の自分には流す余裕が生まれてきました。

ウォーキング3

体が整い、自然と心にも変化が

今は「動く=元気になる」という いままでとは正反対の意識が自分の中にできました。このように心までも変えてくれるエゴスキューってすごいと思います。

今は、体を動かすことが本当に大切だということが、身にしみてわからせていただいたので、エゴスキューのメニューは毎日、週3回のウォーキングも実行しています。体が整うと心もおだやかになるんですね。これってありがたいです。だって、健康で心が安定しているって最高って心の底から思えるのですから。感謝、感謝です。

これからも体を動かす喜びを感じながら、このエゴスキューのメニューをずっと続けていこうと思っています。

※個人セラピー8回コースを修了され、体と心の変化を実感されたT.Sさん。
 それから2年経った現在の様子をお聞きしました☆

 

今も「自分の体を自分で治す」エゴスキューを実践中!

エゴスキューの個人セラピーを終えて、早2年が過ぎ、今までいかに体のことを他人まかせにして、体の手入れをしてこなかったかと反省しました。長い間、体の不調をかかえながら、時には整体に通う日々を、何年続けてきたことでしょう。そんな時、「自分の体は自分で治す」というエゴスキューに出会い、やっと整体とも縁が切れるようになりました。

今でも、肩が急に痛くなってびっくりすることもあるのですが、あわてることもなく自分で必要であろうEーサイズ(エゴスキューのエクササイズ)をすると、不思議と痛みも消えます。今までのように整体へ駆け込む必要もなくなったことは、私にとって、とてもうれしいこと。そこへ通う時間、手間など考えても、自分で治せるってすごいです。

心と体は確かにつながっている!

体が整ってくるといろいろな変化もありました。まず一番感じることとしては、自分の目線が上がるので、視野も広がり、すべてのことに対しても肯定的にとらえられるようになり、生きることが楽になりました。

そして心の安定が大きいです。今までは、何となく心が不安で、びくびくしていた所がありましたが、体のゆがみが原因のひとつであったことも、今では理解できます。心と体は確かにつながっていると、はっきりわかるようになりました。

これからも、エゴスキューを友として、自分の体と向き合い、毎日の生活にとり入れていきたいと思います。最後に、私がエゴスキューを続けてこられたのも、すばらしいスタッフやセラピストの方々のおかげと心から感謝しています。ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。


注射か手術しかないと言われたバネ指の痛みが解消。歩き方の癖も大改善。

山中雅子(やまなかまさこ)さん (60代、神奈川県)

yuyisan
   

指の痛みは指だけの問題ではない

一年前の転居を機に、1年ほど毎日通っていたヨガも止めてしまい、何もせず運動不足だったある冬の日。

突然、左手の親指に激痛があり、瓶やペットボトルのキャップをねじることができず、小銭を掴むのもままならない痛みに悩まされ、食事の支度をするにも不便で、病院へ行ったところ「バネ指」と診断されました。

この痛みを軽減するには、指にヒアルロン注射をするか、親指の腱を切る手術の2通りと言われ、とりあえず塗り薬をもらいました。

しばらくしても痛みは治まらず、何か別の良い改善策はないかとネットで調べてみると、「指の痛みは指だけの問題ではなく、腕、肩の筋肉とつながっている」と説いているサイトがあり、さらに調べていると、エゴスキューに行き当たりました。

「痛みの原因はそこにはない」、「筋肉はつながっている」という言葉が、なんとなく運動不足の解消も含めて良いのではと思い、個人セラピーを受けることに。

一生治らないと思っていた歩き方の癖も改善

セラピーを受けてみると、右側全体にゆがみがあるとのこと。若い時から気になっていた自分の歩き方で、ウィンドウに移る姿は、まっすぐ左右の足を運んでいるつもりなのに、なぜか右足だけ足が回転するように円を描いて前に出て着地する癖があり、これは癖で一生治らないと思っていました。

しかし、個人セラピーに参加してつくってもらった、私専用のメニューを行っているうちに、ある時、ふと見たウィンドウに映る私の歩き方は、ほぼまっすぐ!スッキリとして見えて、感激しました。そして、知らずとバネ指の痛みもなくなっていました。

今は、自分自身のためにも、エゴスキューをさらに学んで、エゴスキュー・トレーナーとして、人にもこの効果を伝えられるようになりたいと勉強中です。


杖にすがらないと歩けないほどだった足首痛が改善。手術回避へ希望の光が

K.Sさん (40代、女性、東京都)

ks-san

     
10年前の交通事故で、右下肢を複雑骨折しました。

治療の過程で短縮した足を延長したせいもあって、完治したあとも右足首の関節の動きが悪く、少し歩き過ぎてしまうと、杖にすがらないと歩けないほど右足首に数日間痛みが続いていました。

エゴスキューについては、越山雅代さんのセミナーに参加した折にお話を聞いたことがあり、興味はありましたが、事故で後天的に痛めた足は、体のゆがみをなおしても治るはずがないと思いましたし、エクササイズには出来ない動きもあるだろうから「自分には無理だ」と思っていました。

主治医からは手術の話・・・

ところが昨年の春頃から、無理をしても数日で消えていた右足首の痛みが長く続くようになり、主治医から「手術して矯正したほうがいい。今やっておかないと70才になったら歩けなくなるよ」と言われてしまいました。しかも治療には2ヶ月かかるというのです。

仕事や家族のことを考えると2ヶ月の入院は長く、「なんとかしなくては」と駄目もとで個人セラピーに申し込みました。セラピーでは、体の状態を確認しながら私にも出来る範囲でエクササイズのメニューを作っていただきました。

セラピー後すぐに体の変化を感じ、希望を持てるように

身体はつながっていて、あちこちがかばいあってどんどんゆがんできていたらしいのですが、エクササイズでは、一見関係のなさそうな動きがゆがみを整えたり、歩き方さえも変えることに驚きました。

その日の帰り道は足が軽く「これなら手術しなくても大丈夫かもしれない」と希望を持つことが出来ました。

セラピーの3回目を過ぎるころには、右足首の多少の痛みは自分でコントロールできるようになり、周りの友人からも、歩き方が自然になったと言われるようになりました。

先日は主治医にも「以前より関節が柔らかくなったんじゃない?」と言われ、エゴスキューを続けることで、痛みを取るだけでなく、足の状態ももっとよくなるかもしれないと希望を抱いています。

もし以前の私のように、痛みを抱えているけれど自分の症状はどうにもならないだろう、と思っている方がいたら、とにかく一度試してみてほしいと思います。


両股関節先天性臼蓋形成不全を解消!登山が楽しめる体に

N.Uさん (40代、女性、大阪府)


NUsan-5 NUsan-1 NUsan-2

今から14年前、臀部に激痛が走り、その一年後再び痛みがあり、両股関節先天性臼蓋形成不全(りょうこかんせつせんてんせいきゅうがいけいせいふぜん・大腿骨を支える臼蓋と呼ばれる箇所の形状が生まれつき不完全なため、股関節の痛みを起こす)と診断されました。

スポーツ整形外科で超音波や電気治療、理学療法士によるストレッチや筋トレの指導を受けましたが、痛みのない時はストレッチや筋トレが習慣付かず、痛くなったらやってみるという感じでした。

そんな折、エゴスキューに体験者の声を寄せておられる方を通じて、エゴスキューを知りました。

一日も欠かさずEーサイズ

2015年2月末日に名古屋のスタジオで個人セラピーを受けてから本日まで、Eーサイズを一日も欠かさず実施しています。現在は8回コースを終え、メンテナンスコースを受けています。(※Eーサイズは、エゴスキューのエクササイズのことです。)

ここ数年はちょっとした山道を歩いたり、ロードバイクで100キロ以上走ったりすると、その数日後に膝や足首に疼痛(とうつう)が走るようになっていました。しかもじっとしている時に痛みが襲ってきていました。また、愛犬の散歩も苦痛で、一昨年の今ごろは重い脚と体でゆっくり歩いていたことを思い出します。

エゴスキューを始める前には、股関節を守る為、多くのNG行動が・・・

そのため、必要以上に歩かない、走るのは厳禁、階段を下りるのもNG、重いものを持たないなど、股関節を長持ちさせるために気を付けることがたくさんありました。正直、「先天性」という病名やネットの情報で母を恨んだこともありましたが、間違いでした。

今では、登山もロッククライミングも出来るように!

エゴスキューで筋肉を機能的にすれば私の股関節には何の問題もないのです。

今は、脚が痛かったり体が重たかったりしたことが嘘のような毎日です。このごろは、主人が「私にずいぶん歩かされる」とぼやくほど。また、エゴスキューを始めてから半年後には徳島の剣山に行くことができ、さらに、2年前には登れなかったロッククライミングに、今年は登ることができました。自分でもびっくりです。

大好きなキャンプや山歩きなど、なんでも楽しめるようになりました。

そして足が痛くなっても自分で治せます。また、マラソンも始めるべくまずは道具から揃えています。

今、この体験談を読んでいる方には、とにかくやってみて欲しいです。診断名に縛られて、レントゲン写真を見せられて落ち込まずに自分を信じて欲しいです。

今よりももっと楽しい人生を

エゴスキューは毎日やるのが必須ですが、私自身も絶対無理だと思っていました。でも股関節の痛みのせいであれもできない、これもできないなんて悔しすぎます。

今よりもっと楽しい人生を送るために、一歩を踏み出してほしいです。


足の痛みやしびれ、頭痛が改善。病院知らずの体に

K.Tさん (50代、女性、大阪府)

               
umi_niji義母の口癖は、「60才代からは痛みとの戦いよ。歳をとるのは大変な事!」

これがいつも頭にあり、「自分の身体は自分で手入れをして、元気を保つ工夫を身に付けたい」と常に願望としてありました。そのため、日頃からヨガを行うなど、身体には気をつかっていました。

鍼(はり)や整体で良くなるのは一時的・・・

ところが、長時間椅子に座っていると左足に痛みやしびれが生じるようになり、次の動きが取れなかったり、時々突然の頭痛に悩まされたこともあり、原因不明の辛い痛みやしびれで不安になる日々を過ごしていました。鍼や整体や体操なども試みましたが、良くなるのも一時的なもので、かんばしくありませんでした。

エゴスキューで病院知らず。元気な体に

そんな折、整体師からエゴスキューを勧められ、個人セラピーを受けました。
それから丸4年が経ちました。8回コースからメンテナンスコースを繰り返し、現在も3ヶ月に一度の新しいメニューを楽しんでいます。

姿勢は良くなり、頭痛や足のしびれ、辛い痛みはなく、痛みが出たとしても落ち着いてEーサイズを思い出して実践し、病院知らずで元気に過ごしています。
(※E-サイズとは、エゴスキューのエクササイズのことです。)

自分の体を内観するのが楽しみ

痛みは動く、これが実感です。痛む箇所も内容も変わってくるので、単に痛いとかしびれた、と表面的に考えずどこが震源か、何のサインか、と内観するのが楽しみになりました。今は、身体が良い方向へ向かう為の通過点だと捉えてEーサイズを試みますので、「痛み即ち不安」の構図は頭から離れたのが一番の効用だと思います。

「大丈夫。痛みは決して悪いことではなく、体からのメッセージ。」


腰部脊柱官狭窄症で30センチ歩くだけで足に痛み。今では足の痛みで休むことなく長く歩けるように

E.Kさん(60代、女性、東京都)
   

parkある日、20~30センチ歩くだけで足の付け根などに痛みが出て、左手もまったく上がらない。とうとう、しゃがみこんで休まないと長く歩けなくなってしまいました。

医者からは腰部脊柱官狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と診断され、近くの整骨院でマッサージを受けたり、整形外科に通ったり、リハビリを交えた体操を2ヵ月ほど続けたりしました。ところが痛みは全く変わらず、そればかりか医者からは手術を勧められてしまいました。

「この先、本当に歩けなくなってしまうのではないか?」という不安がいっぱいになってしまい、気持ちが沈んでいたそんな時、あるテレビ番組で「エゴスキュー」を知ったのです。

早速、痛み相談に行って個人セラピーを受けることにしました。

「手術しないで治せるならがんばろう!」 と、希望が持てたのです。そして、セラピー受講後は毎朝実践しました。

エゴスキューで足の痛みも左手も・・・

すると半年ほどで、痛くて長く歩けなかったのに、しゃがみこんで休まずに歩けるようになったのです。また、気が付くと左手も上がるようになっていました。

焦らず、自分の体を理解して、毎日キチンと続けていれば何かが変わるし、改善されていくのを実感中です。


膝の痛み、腰痛・股関節・頭痛、アゴの不快感など全身の痛みを解消!

A.Fさん (30代、岐阜県)
   

私は長い間体の歪みに悩まされてきました。小学生の頃に怪我が原因で腰痛を患い、大人になってからはそれに加えて、仕事での手の酷使による腱鞘炎や、股関節の異常、足底腱膜炎、膝の痛み、肋間神経痛、肩、首凝りによる頭痛、顎関節症、また、病院では聞き慣れない病名を診断されたこともあり、歪みによる痛みや、倦怠感などの異常は全身にわたっていました。

以前の仕事では、かつての腱鞘炎の症状が固定した後に就いたので、なんとか出来るだろうと思っていたのですが、かなり手や腕に負担がかかる仕事だったので、半年ほどでかなりきつい状態になり、手首から腕、肩、首、頭と、どんどん異常個所が増えていき、また、中腰での作業の為、下半身はゴムのコルセットをきつく締めた状態で行い、股関節から、足、膝と異常個所が増えていきました。

整体や病院に通うも、日常生活も困難な状態に

とにかく仕事ができるようにと、痛みで仕事ができなくなると整体で治療してもらい、仕事をしてさらに悪くなるの繰り返しでした。整体もいろんなところに行きましたが、その当時はその中で一番効果を実感できたところに、週3回ほど行かないと仕事ができない状態だったので、金銭的にも苦しかったです。

右半身は異常に筋肉が異常に固くなってしまい、整体師が全身の体重をかけて指圧しても、ほとんど何も感じなくなり、単純に痛みとは言えない辛い状態が二年以上続き、ついに限界になり、仕事はおろか、普通の日常生活も困難な状態になってしまいました。

病院でも整体でも、体を休ませるしかないと言われた事があったので、しばらく休めば治るだろうと思っていましたが、まったく治る気配がありません。横になって呼吸をするのもしんどい状態なので、苦しくて朝まで眠る事が出来ない状態でした。当時通っていた病院で出せるもっとも強力な睡眠薬でも、苦しさが勝ってしまっていたのです。

さらに、体がひどく歪んでいくにつれ、数年前、約一年かけて自己治癒力で治したアトピー性皮膚炎が再発してしまいました。それも最初は右腕など、歪みの症状がひどくて筋肉が異常に固くなっているところばかりがただれてしまい、最終的には全身に広がってしまったのです

そんななか、友人の紹介で、県外で時間はかかるけれども、すごくいい整体があるということを聞き、半信半疑でしたが行ってみると、たった一回の施術で、今までの治療はなんだったんだという位の効果があり、その日には睡眠薬を半錠飲めばぐっすり眠ることができ、皮膚の状態も一日で劇的に改善され、これは神業だなと思いました。

その時には膝もひどい形に変形していたのですが、かなり改善されたので、一回でこれだけの効果なのだから、このまま治療をしていけば治るだろうと思いました。やはり骨格がずれてしまう事で血流やリンパ液の流れ、内臓の位置が変わる等でいろんな異常が起こるのだなと思いました。

エゴスキューの本との出会い

そしてその頃、はやく治さなければと、インターネットで調べていて見つけたのがエゴスキューの本でした。正直な話、それを初めてやって症状が改善されたということはありませんでしたが、そのアプローチは間違っていないと直感でわかりました。体がうまく動かなくて、簡単そうでも出来ない動きばかりでしたが、これが出来る状態というのは健康な状態であるという風に思えたからです。特に片足を伸ばして寝ているエクササイズは、右と左の差が激しく、自分にとって必要なものだとわかりました。

さて、整体や、自宅で本を見てエクササイズをつづける日々が一年近く続いたのですが、良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。また、毎日仕事を出来る状態でもないので、たまに日雇いのアルバイトをするのですが、そのたびに状態が悪くなり、整体でも最初に受けたほどの効果は実感できない日々が続いていました。

個人セラピーを受ける決意

整体では骨だけを動かすものなので、もちろん前よりいい状態なのだろうけど、癖のついた筋肉はそのままで、体の中のなんとも形容し難い違和感はかなりありました。また、その状態の当時の自分には肉体労働は良くなく、アトピー性皮膚炎もそうとうひどい状態になってしまい、夜は苦しいので座って寝るような日が続き、もう限界だと感じ、高額であるために躊躇していたエゴスキューの個人セラピーを受ける事を決意しました。

まずは数週間、なんとか出歩ける位の回復を待ち、電話をしてみました。多分大丈夫だと思うけれども日によって体調が全く違うので日にちが変更になるかもしれないことを伝えると、快く了解してくださったのがありがたかったです。

そうして個人セラピーを受けてみると、本には載っていないエクササイズも数多くありましたが、すでに知っているものでも、自分の今の状態では違う刺激になってしまうので少し変えてやる方がいい事も教えて下さり、なるほどなと思いました。

それで自分専用のメニューを毎日続け、これは凄いなと思いました。それまでどれだけやってもできなかった動きで、出来るものが出てきました。また、あるエクササイズをすると、それまで固くなって滞っていた血流なのかリンパ液なのかが、一気に内部で流れているのが実感出来たのです。

エクササイズと整体の併用で、初めて症状が改善

その後二カ月ぶりくらいに整体に行ってみると、個人セラピーのことは何も伝えていないのですが、触っただけで「凄い肩が柔らかくなってるね、これなら治しやすいわ」と言われ、外れて固まっていた様な状態の肩がその日ある程度繋がったようでした。もちろん体も楽になり、皮膚に至ってはたった数日で劇的に改善されました。一番悪かった右肩が原因と思われますが、右の二の腕は個人セラピーを受ける少し前に感染症を起こしてしまい、包帯を巻いていたのにも関わらずです。

アトピー性皮膚炎に関しては、以前自己治癒力で治してから、副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤は一切使用しない皮膚科に行っていたのですが、そこの医師が「何をしたの?」と驚いていました。

その後8回コースを受けることにし、新しいエクササイズが増えるたびに体が変わっていく(健康な状態に戻っていく)のが実感できました。もちろん睡眠薬無しで眠れますし、仕事に就く事もできました。

8回コースを終えての感想は、受けて本当に良かったということです。エゴスキューでなければここまで改善されなかったと、自分では思っています。

エゴスキューを始める事を検討している方に伝えたいこと

もし本当に困っている方はなるべく早く始めた方がいいと思います。そこまで困っていない人でも、人生をよりよくしたいという向上心があり、それを実行できる方にもとてもお勧めです。

私のような怠けものは、ある程度痛みや辛い症状があっても、面倒なことはしたくないと思ってしまうものです。しかし、何よりも健康が大事で、それがいかに素晴らしいかということに気づくのは、自分が大変不健康になってしまった時です。

本当に困ってしまうと、何をしてでもそこから脱却したいと思い、そしてあらゆる可能性を実行します。エゴスキューは自分でやるものなので、そういう思いの人は必ずや成功するでしょう。

私は完全にではありませんけども、かなりの健康を取り戻し、これからも自宅で続けていきます。まだまだ良くなる事がわかるからです。しかしながら、ある程度の健康を取り戻した今では、「今日はいいかな?」などとサボる事が頭によぎります。そんなとき、囚人がたった一つのスプーンで壁を破り、自由を取り戻したような、強い思いがかつてあった事を思い出します。賢者は歴史に学び、愚者は体験に学ぶといいますが、愚か者以下になってしまってはいけないなと自分に言い聞かせる今日この頃です。

アトピー性皮膚炎に関しては、それまでステロイドを使わず治す方法を全て実行し、それまではそれで治ったけれども、体がひどく歪んでしまって、それだけでは治らなくなってしまった上での効果ですので、エゴスキューだけで全て治ってしまうとは言いませんが、かなりの効果がある事は間違いないと思います。基本的には睡眠、運動、バランスのいい食事が大事ですが、運動という面でかなりの効果を発揮しますし、睡眠にもかなりいい影響があると思います。


1 2

このページでご紹介している体験者の喜びの声は、個人の感想であり個人差があります。効果効能をうたうものではありません。 こちらのページで紹介している映像、写真を含むすべての情報には肖像権および著作権が含まれています。一切の転載、転用はご遠慮ください。 お知り合いにご紹介いただける際には、このページのアドレスをそのままご紹介ください。