エゴスキュー体験者の声

1 2 3

個人セラピーを受講していくうちに変形している膝の伸びがかなりよくなっていることに気付き嬉しくなりました。

岩下幸子(いわしたさちこ)さん (62歳、山梨県) 

今、夢中になっていること

それは、筋肉を再教育する運動療法「エゴスキュー体操」で、毎朝自分自身の体のコンディションを整えていることです。

平成24年3月に支援学校を退職したのでのんびり過ごそうと思っていたところ、同年6月に東京で開催された日本ラジオ体操指導者講習会で偶々ペアを組んだ方から聞いた「エゴスキュー」の名前に興味を持ち、帰宅後インターネットで検索すると、「歪んだ骨格を治すためには筋肉に正しい刺激を与えることが重要」と興味深いことが書かれていたため学んでみたいと思いました。

基礎・姿勢分析(現在のグループ講習)・トレーナー講習と受講していくうちに、激しい運動をしても疲れず、筋肉痛も起こらなくなりました。背筋がピンとまっすぐに伸びて足取りも軽快になった体の変化と、心もウキウキと壮快にさせてくれるエゴスキュー体操に感動し、体験すればするほどエゴスキューに嵌まって毎日楽しんでいます。

長年酷使したために変形性膝関節炎に

中学・高校・大学と器械体操部に所属。柔軟体操・筋トレ等を頑張ってきたので姿勢には自信がありましたが、姿勢分析で自分の歪みに気付かされびっくりしました。また、従来の体づくりでは歪みを招いたり、痛みや故障を起こす可能性が高いことにも気付かされ、歪みなく痛みや故障を起こさないためにはどうすればよいのかを考えるようになりました。

というのも高校2年生の時、跳馬で痛めた右膝を現在まで酷使してきたため変形してしまい、まっすぐに伸ばすことができなくなりました。年に数回歩けなくなるほどの激痛や慢性的な膨張感があり、整形外科では、変形性膝関節炎と診断されましたが、薬と注射、湿布だけの対症療法なので、一時的によくなっても違和感や繰り返し訪れる痛みがあり、諦めて付き合っていくしかないと思っていましたが、個人セラピーを受講していくうちに変形している膝がよくなるのではと希望をもつようになりました。更に個人セラピーの回数を重ねていくと膝の伸びがかなりよくなっていることに気付き嬉しくなりました。

これからも45年間酷使してできた膝の膨張感、痛みが治るまで個人メニューを続けていきたいと思っています。心も体も明るく元気にしてくれるエゴスキューに感謝の気持ちで一杯です。

トレーナー資格を取得しました

自分のスキルや理解度をより深めるために、そして、自分自身が感銘を受けた「体の歪みを取ることで痛みが解消できる」というエゴスキューの素晴らしさをより多くの人に体験してもらい、現在悩んでいる歪みや痛みを取り去り、快適な人生を送る手助けができればと思いトレーナーの資格を取得しました。

来年の目標は

適切な動きという刺激を与えてやると私たちの体は健全に働きだし、歪みの矯正・痛みの解消・体の機能向上を実現させてくれるエゴスキュー体操を通して、多くの人たちがあらゆる痛みから解放され、健やかで楽しい毎日を自分自身の力で作っていける切っ掛けとなれるよう頑張ることです。。

今、エゴスキューに出会い歪みのパターンや負担をかけない体の使い方、理想的な美しい姿勢を得るためのエクササイズ等を学ぶことができ、とても幸せを感じています。エゴスキューはとても素晴らしいと思っています。これからも日進月歩するエゴスキューを体得し、自分自身の体を更に更に進化させていきたいと思っています。


膝の激痛から解放される術をようやく見つけ、100キロマラソン完走

奥田雅巳(おくだまさみ)さん (52歳、奈良県) 

私がエゴスキューに出会ったのは、2011年4月です。体の各部位に痛みを抱え、悩んでいた私の目に飛び込んで来た文字が、「痛み解消メソッド」「筋肉の再教育」。疑い深い私が、吸い込まれるように出逢った一冊の本。ピート氏が病床で発案したエクササイズ。社会復帰の強い信念がもたらしたエゴスキューこそが、正しく私の求めるものでした。

数年前、野球の試合中に突然襲い掛かった膝の激痛。行く先々の病院で変わる診断名。半月板損傷、棚障害、膝蓋軟骨軟化症と、的確な治療法もなく、手術をしたとしても完治する保障も得られず、挙句の果ては、「趣味なのだからマラソンと野球を止めたら」と、言い放つ医師もいました。

強い痛み止めと2ヶ月間の安静で様子をみましたが、痛みは軽減したものの完治には至りませんでした。この苦い経験から人の手に頼らずに、痛みから開放される術を探し続け、ようやく見つけた瞬間、飛び上がる思いでした!

マラソン完走の目標に向け「一緒に頑張りましょう」と言ってくれた

4月18日初めての個人セラピーで掲げた私の目標に、セラピストは「一緒に頑張りましょう」と言ってくれました。今まで誰も言ってくれなかった一言が、私の心の奥底に響きました。

目標(1) 9月25日、村岡(兵庫県)100キロマランは、私の誕生日と重なるので必ず完走する。

目標(2) 10月30日、第1回大阪マラソンは、コース上の30キロ地点に実家が在り、そこを2時間45分で通過する。

以上の目標に向けて、セラピスト水島氏が立ててくれたタイムスケジュール。帰宅が不規則なために、練習は早朝にしか出来ません。そこでメニューを三分割にして、寝起きに20分、18キロのランニング後に20分です。(逆算すると起床は午前3時30分になります。)最後は、帰宅後のエクササイズです。40分間行うと、就寝が23時頃になります。当初は、寝不足で御飯を食べながら、寝る事もありましたが、徐々に生活習慣となり、乗り切ることが出来ました。

目標(1)は「誕生日おめでとう」の大合唱の中、ゴールテープを切る事が出来ました。目標(2)も3分遅れで通過し、目標は達成しました。

毎日できない人は、グループセミナーがおすすめ

エゴスキューが私に教えてくれた事は、「変わりたい未来の自分を想像して実践すれば、未来の自分は創造できる。」でもこれって、万人受けではないと思います。時間が無い、朝は辛い、毎日は出来ないという人がいますよね。そこで皆様にお奨めしたいのは、エゴスキューのグループセミナーに参加する事です。

他の講習会では味わえない一体感を伴った空気。昼食時の自己紹介では、辛く苦しい筈の体験談も時折、笑顔を交えながら伝え合えました。一人だと痛みに耐えきれず、ネガティブな気分になりがちですが、参加者の皆さんは、情熱を持ち、前向きで、自然体でした。まさしく、エクササイズでの必須事項『肩の力を抜いて、笑顔を忘れずに』を、実践されていました。


すべり症や半月板損傷などの様々な不調が改善し、ライブやトレッキングも楽しめるように!

J.Aさん(女性、61歳、大阪府)


 

30代半ば頃から、少し無理をすると月単位で寝込むことを繰り返していました。

整形的には、すべり症や半月板損傷(はんげつばんそんしょう)、変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)、ばね指、50肩などと診断を受けていましたが、体中、様々な不調がありました。

特に過呼吸になってからは、何をするにも不安との戦いでした。30代からとにかく自分の体に自信が持てず、他人の意見にふり回され、かといって、何かひとつを信じ切れず、ドクターショッピングが続き、診察券の数だけが増えました。

情報を頼りにいろいろ試すも・・・

症状にあわせて病院を受診し、病院以外にも整骨院、整体、鍼(はり)、灸(きゅう)、カイロ、良い先生がいると聞くと、どこでも行きました。体操や気功、太極拳、プール、テルミー、ヨガ、自きょう術、マッサージを試しました。いろいろ試した中で、最悪だったのは、整形の牽引、そのせいで悪化したと思っています。やりすぎる性格なので、体操も余計痛みがひどくなってしまいました。一番よかったのは、姿勢調整と筋膜リリースでした。

painfree_book

その後、エゴスキューへ

エゴスキューとの出会いは、分離すべり症で強く手術をすすめられていた時、友人から「エゴスキューという体操がいいらしい」と情報があり、インターネットで検索して、知りました。

そして、個人セラピーを受け、半年ほど経った頃、下半身のしびれがなくなっていることに気付きました。

スタティックバックを行うと疲れがとれることも理解できましたが、エゴスキューと出会って3年程は、鍼(はり)と姿勢調整にも週に2回通っていました。しかし、ある時、「エゴスキューなの?」「鍼(はり)・姿勢調整のカイロなの?」どちらが私にあっているのだろうと思い、決心して、鍼(はり)とカイロを辞め、「自分の体は自分で責任をもつ」と決心ができました。

一度きりの人生。自分の人生の舵取りは自分で!

今は、ピートさん(※)の「自分の体に聞く事!英知は自分の体の中にある」というの言葉が、私の生きる指針です。

そして、E-サイズ(エゴスキューのエクササイズ)をやってると、本当に発見することばかりで楽しいです。友人皆から「Aさん、変わったね」と言われ、ますます楽しくなっています。

※・・・エゴスキューの創始者、ピート・エゴスキュー氏。


~これからエゴスキューを始める人へメッセージ~
専門家はアドバイザーです。何を選び、何を行い、どう人生を生きていくかは、あなた自身で決めることです。自分の人生の舵取りは自分でするしかありません。情報に振り回されず、情報をうまく取り入れ、一度きりの人生を精一杯楽しみましょう。その心と体をエゴスキューは与えてくれると信じています。

ひざ痛が解消し、手術を回避!エゴスキューで体も生活も好転!!

山口 千津恵さん (63歳、埼玉県)

右ひざの靭帯損傷(じんたいそんしょう)及び、両ひざの半月板損傷(はんげつばんそんしょう)で、3年程前からひざに痛みを強く感じはじめ、毎日寝起きの時から、ひざの動かし方を考えて生活や行動をしていました。

そして、2年前に整形外科では、MRI画像の結果、両ひざとも半月板がほとんど線のようになり、ちぎれて見えないと言われました。

エゴスキューを知る前には・・・

治療のため、友人の紹介してくれた病院や整骨院など何カ所にも通いました。最初の病院は、大きな整形外科専門病院でした。スポーツ選手もきているということで紹介され、会社を早退してリハビリに通っていましたが、片道数時間かかり、行くだけで痛みました。また、整骨院では、鍼(はり)治療も含め、あらゆるものを試みましたが、帰りには湿布をしてひざに包帯をまいて大事にするように言われるばかりでした。

しかし、その病院や整骨院で言われる「大事にして下さい」や「大切に使いましょう」の言葉に希望がないなぁ…と思い、同じ職場の方から紹介された、エゴスキューに思い切って踏み切りました。

約3カ月後、ひざの状態は・・☆

始めは半信半疑でしたが、少し良くなったのかなと思いはじめたのは、個人セラピーを受け始めてから約3カ月後のセラピー3回目あたりです。

以前は、仕事に通う際、駅の階段や下り坂でひざが激痛だったため、エレベータやエスカレーターを探していましたが、今は、階段や下り坂でも手すりを使わず、痛みも感じなくなりました。

さらに、以前、横断歩道では1つ待ってから渡るようにしていましたが、今は青信号を駆けて渡れるような気持ちでいます(実際には危ないですし、不安で出来ませんが)。

そうなると、自宅でのエクササイズがさぼりがちになり、毎日行っていたのが、週に3回…2回…となってしまいましたが、きっと体が、ひざが、楽な証しです。

現在も病名は変わりません。半月板がもどるはずもありません。しかし、今はほぼひざの事を気にする事もなく過ごしています。油断してE-サイズ(エゴスキューのエクササイズ)をさぼっていると、痛みが、自分に注意する様に教えてくれます。

そして、今も個人セラピーで毎回異なったEーサイズを教えてもらいながら体の変化を楽しんでいます。

自分の体の声を聞き、自分でケアもできるように!

スタートは半信半疑でしたが、今後の自分に一番必要な事は「良くなって、自分の生活を楽しく明るい毎日にしたい」でしたので、エゴスキューを経験し、今は、これをやると元気になるんだ、楽になるんだと思える事がとても嬉しいです。遠くに行かなくても、いつも自分の体に聞きながら、色々教えていただいたE-サイズをこれだ!!と行っています。つらい日があっても大丈夫という気持ちで、安心していられます。

~これからエゴスキューを始める方へ~
どれが自分に合っているのか、特定はできませんが、私にはエゴスキューが合っていました。病院などで両ひざの手術をすすめられていましたが、それは最後の手段です。まずは出来る事をやってみると良いと思います。


ひざの痛みから解放され、趣味の「5街道散策」を再び楽しめるように!

小田切 みな子(おだぎりみなこ)さん (67歳、静岡県)

   
右股関節と左膝に痛みがあり、右股関節は2年程、左膝の痛みは約半年前からありました。

今までは、整形外科で診察を受け、湿布で対処をしたり、整体にも行っていましたが、調子が良くなるのはその時だけ。。そんな時、友人のフェイスブックの記事を見て、エゴスキューのことを知り、個人セラピーに申込みました。

そして、個人セラピー受講から7、8カ月で改善され、痛みが軽減しました。

一時、膝の痛みが悪化し、趣味の「5街道散策(東海道・中山道・日光街道・奥州街道・甲州街道)」が歩けなくなってしまったが、エゴスキューと出会ったことで体が改善し、また散策を楽しめるようになりました!

今は、膝の痛みはほとんど無くなり、股関節は時々痛むことがあり、違和感があったりもしますが、エゴスキューを受けて良かったと思います。これからどう続けていくのかが課題です。


約20年間のひざの不調や、猫背が大改善!趣味のゴルフにも希望が☆

大澤 光雄(おおさわ みつお)さん、(69歳、宮城県)

ゴルフのレッスンの特典ビデオの中に紹介があったのがきっかけで、エゴスキューのことを知りました。このビデオを見ながら実践したところ、1週間くらいで妻が「姿勢良くなったね」というので効果があると確信しました。

私の不調は、20年位前にひざが曲がりにくくなって正座が出来なくなったのが始まりで、今までに、変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)や脊椎分離すべり症(第5腰椎)と診断されたこともあります。

エゴスキューを始める前には、ひざや腰それぞれの症状に対して、下記のように様々な治療を行ってきました。

【1】平成10年頃からひざが曲がりにくくなり正座が長時間できなくなりました。カイロプラクティックの施術を受けたが、ひざが曲がらない状況は改善されませんでした。

【2】平成16年頃には、原因不明で腰が痛くて起きれなくなり1週間寝込んだことがあります。病院でレントゲンを撮ったところ脊椎分離症(せきついぶんりしょう)と言われ、コルセットをあてる、湿布を貼るなどしているうちに自然治癒していきました。

【3】平成24年の夏、会社近くの診療所で初めて変形性膝関節症と診断され、治療法はないと言われ、湿布と飲み薬をもらいました。その後、ひざ痛が良くなってからよく歩くことを心がけ、目標を1万歩とし、体重が若干減って気分が良くなった。S社のグルコサミンのサプリを飲むようになりました。

【4】平成25年の秋ころ、筋力強化のため歩くのが良いと考え、1万歩を目標として頑張って歩いたが、平成26年冬頃ひざが痛くなってきたので無理に歩くのはやめ、通勤程度の1日6,000歩くらいの歩行をすることにしました。

ひざが特に痛い時は、両ひざにサポーターをしていました。その後、下半身全体のサポートウェアを購入し、散歩のときに使用したところ、結構楽に歩く事ができ、ゴルフの際も同様に、事前に腰に湿布を貼ってラウンドしていました。

また、靴底を測って、特別なインソール(15万位で芯は金属)を使用したが長く続かず、ひざに良いという1本歯の下駄理論を取り入れた靴を購入したが、改善効果が中々見えずこれも長く続かなかった。

【5】平成27年7月頃から、ひざが固まってギシギシしている感じがあり、5メートル離れた印刷機のところまで行くのにも、椅子から立ち上がるのが大変になりました。またラジオ体操のジャンプも出来なくなり、「ひざの痛み改善プログラム」という整骨院の先生のビデオと解説書を購入し実行したが、ギシギシは変化なくこれも長く続きませんでした。

【6】平成28年10月頃、仙台へ戻ってから「中度の変形膝関節症」と診断された。歩くのが遅くなり、私より年上の人にスイスイと抜かれてしまうのが情けなくなった。

治療は筋トレを自分で毎日する。医院ではリハビリをする、ひどい時はヒアルロン酸注射をしてゴルフに行く。リハビリをすると痛みは無くなるが、少し経つとまた痛くなる。この繰り返しでした。グルコサミンは相変わらず飲んでいます。1ヵ月止めたら痛み出したのでまた飲み始めました。

エゴスキューの効果を確信し、体験会&個人セラピーへ

特典ビデオにあったエゴスキューのエクササイズを実践してみて、効果があると確信し、6月にエゴスキューの体験教室に参加。その後すぐに個人セラピーを受講することとしました。

1回目のセラピーの時に、エクササイズ実行前後に撮ってもらった自分の姿勢写真を比較して、その差を見て「やるぞ!」という意欲が沸きました。また、家族にもその写真を見せると「すごいね!頑張って!」っと、激励されました。

8回の個人セラピーを受けて、毎回異なるメニューをこなしていくことが楽しくなりました。

タワー(右写真参照)を10月頃から使い出して効果が表れてきた。ただ、肩の先の骨が気付くと痛みがあり、3カ月過ぎた今ではかなり薄れてきた。骨格が改善されるときの痛みであると思う。この点の勉強をこれからして、確信にしたいと思っています。

ゴルフ中に自分でも驚きの出来事が!

エゴスキューでは、ゴルフのスイングの基礎に共通する腕のエクササイズがあり、喜んで実行しています。ゴルフを長く続けたい思いからエゴスキューを始めたが、7月のラウンドでグリーンにしゃがんで芝を見ている自分に驚いた。

ひざを曲げることが出来た!4月にはまだ腰を曲げてみるのがやっとであった。

だからなのか?パットがよくなってきた。まだまだスコアアップする実感が持てて楽しみである。

猫背だった姿勢も大幅に改善!!

また、O脚の改善、猫背の改善などのために肩甲骨を良く動かすエクササイズなど次々に実行してきました。歩いていると肩が自然と開いていることに気付きました。まだまだ歩くのは遅いが、年上の人にスイスイ抜かれる状況からは脱してきました。

そして、2月の最後の自分の姿勢写真を見て「猫背」が大幅に改善されていたことが大変嬉しい。会社の同僚にも見せて驚かれています。さらに、自宅のマッサージ機で背骨のカーブラインが出るが、それも真っ直ぐになっているのにビックリした。

今までいろんなことを試して、3日坊主の私でしたが、エゴスキューはもう1年以上続いていることに驚いている。そして、日増しに良くなっていく自分をみつけています。

また、エゴスキューを始めてからは、今まで週3日は通っていた整形外科にほとんど行ってません。変形性膝関節症では、整形外科に通っていないが、脊椎分離症では正月にコタツにこもり過ぎて、腰痛となり2度ほど行きましたが。この症状の人は無理をするといけないと先生にやんわりと指導されました。

最近感じているのは、毎日続けないと効果がないと思っていたが、都合で出来ない日があった。その翌日の散歩は、非常によく歩けた。1日おきに実施する方が、効果的なのだろうか。毎日やるとむしろ、ひざなどが痛いというより重いといった感じで、歩くのも遅くなる。しかし、3日やらないのはダメでした。

8回コース終了後、次は継続コースへ☆

8回のセラピーを終えたら、あとは一人でどうするのかと心配していた。個人セラピーを継続できる、メンテナンスコースがあるとのことで、早速申し込んだ。これからもずっと続けていきたい。また、グループ講習を受けて、少しでも体やエゴスキュー理論の勉強をしたいと思っています。

~これからエゴスキューを始める方へメッセージ~
今まで何をやっても長続きしなかったが、エゴスキューだけは続いている。理屈抜きで簡単なので、まずトライしてみて下さい。きっと効果があります。


腰痛やひざ痛が解消し、今は”痛みの無い生活”を送っています!

M.Aさん (女性、62歳、埼玉県)

  

私がエゴスキューを知るきっかけとなったのは、テレビ番組のある一コマでした。

テレビを付けたまま、バタバタと家事をこなしていた時、ふとテレビをみたら、ある有名女優さんが両手をクルクルさせながら「これからエゴスキューへ行ってきまーす」という場面でした。「えっ?エゴスキューって何?」っと思い、早速インターネットで調べ、即予約しました。

長年の腰痛やひざ痛で悩み・・・

10代の頃から腰痛があり、エゴスキューを始める時には、ひざ痛もありました。右ひざは、痛みが出ては治ってを繰り返していたのですが、その後、左ひざも痛くなり(加齢による軟骨のすり減り)、こちらは痛みが治まることはありませんでした。3年くらい前からは、正座が出来ず、ひざを曲げるのも痛い状態でした。

今まで、マッサージで痛みは一時的に緩和し、整形外科では、湿布や痛み止め(飲まなかった)が処方され、注射で水を抜くと言われたが拒否していました。

個人セラピーを受講後、腰痛もひざ痛も解消!!

エゴスキューの個人セラピーを受け、ひざの痛みは、当日無くなりました。ひざに違和感は残っていたものの、セラピーの4~5回目くらいで違和感もなくなりました。正座は、セラピーの7回目頃から少しできるようになりました。

腰痛は、中腰でいると痛みが出るが、治りが早くなり、自分で対処できるようになりました。正直「もっと早く知りたかった!」と思いました。

痛みが解消し、できることがたくさん♪♪

背中がシャキッとして、肩甲骨の姿があり(以前は肩甲骨がわからなかった)堂々と歩けるようになりました。痛みの無い毎日は、できることがたくさんあり、毎日忙しく動き回っています。今までは、少し動くと横になるを繰り返していたので、今の自分の元気がとても嬉しいです。たくさんの方に私のように”痛みの無い生活”を送っていただきたいと・・・☆それに私も協力できたら良いと考えております。

~これからエゴスキューを始める方へ~
自分で自分の体を治せること、痛みの無い毎日を自分で作れること、自分の為だけに頑張れること、それが家族の幸せにつながること、だから始めてみましょう!!


足の痛みが解消!個人セラピーで教わったこと一つ一つが財産になりました!

高見 宜子(たかみのりこ)さん (44歳、東京都)


   

2年位かけて、右脚の特に内側がどんどん痛くなり、エゴスキューを始める頃には、右脚が全体的に痛く、夜に起きてしまうくらいでした。

冷えているから痛くなっていると思って、スポーツジムに通ったりしましたが変化がなく、次にマッサージや整体に通いましたが、施術後2・3日すると、また痛み出すという繰り返しでした。

エゴスキューのことは、某有名女優さんがテレビで話されていたのを見て知り、脚が痛くて、この先歩けなくなって寝たきりになってしまうのではないかと不安になり個人セラピーを受けました。

エクササイズで体が変化することを実感!

エゴスキューを始めてすぐに、夜に痛くて目が覚めることはなくなりました。ちょっとしたエクササイズで体が変化したので驚きました。以前は歩くと痛くて、徐々に歩かなくなってしまっていたのですが、セラピーの7回目くらいから楽に歩けるようになり、毎日、散歩したくなって楽しく歩いています。基礎代謝も上がってきて嬉しいです。

セラピーで教わるのは、エクササイズだけじゃない?!

エクササイズは、教えていただいたときは大変そうかなと思うものがあっても、しばらくやっていると慣れてきて、少しずつ体が上手く使えるようになっている感覚があってとても楽しく取り組めました。

自分の体について、上手に使えている部分と使えていない部分があるんだとか、体は全体のバランスが大切なんだとか、お水を飲むことの大切さとか、8回のセラピーを通して、他にもいろいろなことを知ることが出来て、一つ一つが財産になったと思います。

無理せず、リラックスしてエゴスキューのエクササイズをするだけで、毎日の生活が変わりました。痛みがあるときは、心も重くてイライラしがちでしたが、痛みがなくなるにつれて、心に余裕が出来て明るい気持ちになり、積極的な生活を送れるようになりました。バランスのとれた体になっていくことで、安定した体と心で毎日を送れるようになると感じました。痛みのある人はぜひ体験してみて欲しいです。


10年ほど続いていた、ひざの痛みと足のむくみが解消!!

T.Yさん(女性、50代、愛知県)
【主婦】

 

   
越山雅代さん(※)のセミナーに参加して、エゴスキューを知りました。エゴスキューの「自分の体は自分で治す、ケアする」「他人ではない自分でやるんだ」というところに惹かれ、強く共感し、感銘を受けました。

今まで10年間くらい足のむくみと左膝の痛みがあり、整形外科でひざのMRIを撮ったり、ヒアルロン酸注射を数回打ちました。一時的には、痛みが安らぎましたが、また再発していました。

個人セラピーを開始。その後、ひざ痛と足のむくみは・・・?

「やっててよかった、エゴスキュー!!」

8回の個人セラピーを受ける中で、いつの間にか足のむくみが無くなり、いつの間にかひざの痛みも無くなりました。

この日から、痛みがなくなったという感覚ではなく、「あれぇーそういえば痛くないなぁ」と認識したのは、セラピーの7回目ぐらいからです。

回を重ねるごとに、自分の体のことが謎解きのようにわかってくる!

セラピストの方々には、丁寧に体(筋肉)の動かし方などを教えていただきました。時には(いつもかな)、世間話しや家族の話しなどで盛り上がったり、あっという間に2時間のセラピーが終わってしまう感覚でした。

「自分の体のゆがみや痛みがどこからきているのか?」セラピーを受けていると少しずつなぞ解きみたいに解ってくるので、とても腑に落ちて楽しかったです。

日常生活の中では使われていない筋肉が結構あり、初めは、うんともすんとも動かなかった筋肉が何回かやっているあいだに、少しずつ動かせるようになると「ヤッタネ!」という気持ちでうれしくなりました。

スタッフの方々もいつもにこやかにお声をかけていただきありがとうございました。これからも教えていただいた事をメニューをみながら気長に続けていきたいと思います。立ち姿勢、座り姿勢、歩く姿勢も意識して姿勢美人を目指していきたいです。ありがとうございました。

※越山雅代さん・・・エゴスキューを日本に伝えてくれた人。ロングセラーズ刊『痛み解消メソッド・驚異のエゴスキュー』監修・翻訳者。


腰椎椎間板ヘルニアが完治し、半月板損傷も改善。今はほぼ問題ナシ!

荒井さん (72歳、群馬県)
【農園(ブルーベリー)】


   

一昨年に腰椎椎間板ヘルニアを発症し、その後、ひざの半月板も痛めました。整形外科でリリカという新薬と湿布薬、漢方も処方されていましたが、なかなか良くなりませんでした。

雑誌でエゴスキューを知り、実践!

整形外科を受診した時に、月刊誌を通してエゴスキューのことを知り、発症から4~5ヵ月後に、エゴスキューのDVDを取り寄せ、その後個人セラピーも受け、今もエゴスキューを実践。2年位治らないと言われた腰椎椎間板ヘルニアは、今は全く問題なく、完治。

また、右ひざの半月板を痛め、歩くのが難しく、特に寒冷時は歩く度につらく、駅の階段が心配で、その後個人セラピーを申込みました。整形では、半月板損傷で手術と言われていましたが、8回コースが終了した今、ひざはほぼ問題なし。

自分で自分の体をメンテナンス&改善へ

エゴスキューを経験し、体のゆがみが痛みの原因ということがわかり、場所もとらずイス程度の道具で、自分で自分のメンテナンス、改善でき、ムリなく何歳になっても続けられる。合理的で素晴らしいメソッドと思う。

ヨガや太極拳などいろいろありますが、自分で出来、簡単なエクササイズで体のメンテナンスが出来る、大変ありがたいメソッドであると思います。


1 2 3

このページでご紹介している体験者の喜びの声は、個人の感想であり個人差があります。効果効能をうたうものではありません。 こちらのページで紹介している映像、写真を含むすべての情報には肖像権および著作権が含まれています。一切の転載、転用はご遠慮ください。 お知り合いにご紹介いただける際には、このページのアドレスをそのままご紹介ください。