グループ講習体験レポート

「歩けるようになりたい。」グループ講習参加後の今では、
毎日3キロ歩いています。


グループ講習

野間さん
のま ひろよし
野間博儀 さん
92歳 山口県

今年、グループ講習の
最高齢参加の記録が塗り替えられました!

 

2015年6月に福岡で開催された講習に、92歳の野間さんが
参加されました。

その野間さんから、参加後の感想をいただきましたので、ご紹介します。野間さんはグループ講習に参加してから4ヶ月後には、毎日3キロ歩くまでになられています。

 

【1】2日間のグループ講習に参加しようと決意された理由はなんですか?

50歳代から腰痛、60歳頃からは坐骨神経痛・しびれ・ひきつけがありました。最近は脚足の神経感覚バランスが崩れ歩行障害もありました。

今回は、家族の反対を押して参加しました。
というのも、昨年の暮れに、転倒し、今年の5月まで入院、リハビリをしていたからです。
入院中、マキノ出版の雑誌のエゴスキューの記事を読みワラを摘む思いで即、セラピーに申込みしましたが時期尚早というのが、家族の反対理由でした。
しかし「歩けるように、自身で自信・元気・勇気を持ちたい!」というのがグループ講習への参加の理由です。

 

【2】参加してどのような変化(体と心)がありましたか?

一つエクササイズが終わる毎に息が上がり、足、腰がふらつきました。痛いことは意識しない、忘れたつもりで取り組みました。
参加者は、経験者の方も多く、講習の進行もスムーズで、明るく楽しく、効果自信にみちているように見えました。
ぎこちない初心者の私の動作にも、誠に親切に、支援・励ましを下さいました。講師・先輩とのお話で、自発的なやる気・勇気が出てきました。

 

【3】どのような気づきがありましたか?

初日のグループ講習終了後、 懇親会場へ約1kmの距離の移動を全員で歩いて行くことになり、「タクシーで誰か案内して~」と私のことを気遣って下さいましたが、私は皆さんと一緒に歩くことにしました。皆さんに迷惑は承知の上でしたが、昼間の講習を実践し、どんな気づきがあるかを試したかったからです。
平常20~30m歩くにも杖によって休むので、1kmはとても無理。だが皆さんと行動をともにすることにし、頑張りました。皆さんがさりげなく、見守り、一緒に歩いてくださいました。

エゴスキュー・メソッドの経験者や参加者の皆さんにかこまれたグループ講習、「無理な行動とギブアップせず、参加したのは正解!」と帰宅後、つくづく思いました。

お世話になりました。有難う御座いました。

 

【4】明日からどのようにエゴスキューを活用しますか?

エゴスキュー・メソッドの基本をはんすう、理解し、体操の目標を実行します。
1、眠っている筋肉を目覚めさせる。
2、体の歪みを取り除き、正し姿勢を良くする。
3、痛み、心身の健康悩み解消に努力する。
(Eサイズの効果を高めるポイント)七項目を復唱しながら。

 

【5】この講習を、知り合いに勧めるとしたら、どのように勧めますか?

1、先ずは、自分の心身、生活習慣を正す、Eサイズに専念する。
2、同じことで困っている人を見たら、「エゴスキュー・メソッド」の資料を差し上げ紹介する。

 

【スタッフより、野間さんのその後の様子をご報告】

野間さんは、グループ講習初日の懇親会会場までの約1キロの道のりを見事歩ききりました。

ゆっくり一歩ずつ、そして諦めない。話しかけられてたら笑顔で返事をしている、その様子は素晴らしかったです。

そして、先日(2015年10月)に東京で行われた、驚異のデモンストレーションセミナーにもお越しになりました。

その際にその後の様子をお聞きしたところ「今では、毎日3kmを歩いています」とのこと。約4ヶ月の間、個人セラピー8回コースも並行して利用され、このような変化をされていました。そのお話に会場の人たちもびっくり。

 

人間の可能性に感動するとともに、野間さんの取り組む姿勢に学ばせていただき、勇気と希望もいただきました。92歳になってもなお、パワフルに行動をされていて本当に素晴らしいですね。

エゴスキューは今後も、野間さんを応援させていただきます。


体操だけではない学びがたくさん。充実した2日間。
自分で選択するために、自分の体の声に耳を澄ますことが必要。

白石和子 さん

しらいしかずこ
白石和子 さん
40代 神奈川県
主婦
 

どっぷりとエゴスキュー漬けの2日間でした。
自分の痛みに最近気づいた方、「自分で治す方法」に期待して足を運んだ方、より貢献したいと申し込んだ方、その他、本を読んで効果を感じた方、DVDだけでは自己流になりがちなので確認したくて参加された方、すでに個人セラピーを受けている方、個人セラピーを卒業された方、そして、より理解を深めたいと集まった多くの再受講者・・・
さまざまな想い・期待・関わり・年齢の方がいらしていました。

講義の部分では、人間の体のメカニズムとエゴスキューの根本原理から。
動くように作られている、動くことが大切、どう動くとよいのか、それはなぜか・・・など、改めて説明を受けると、それらの原理は、シンプルで、ごく当たり前のこととしてすんなりと理解できます。
しかし、その原理を実際の日常生活や多くの人の選択と照らし合わせてみると、そこには大きな隔たりがあり、誤解や思い込みがあったことに気づかされます。

中には、まだ日本では一般的になっていない考え方もあります。
それを具体的に今までの考え方との違いを解説していました。学術的な専門用語を用いないので、わかりやすく腑に落ちる話でした。

また、痛みの意味、痛みの原因、つきあい方や解消法、エゴスキューのめざすもの、めざす姿勢、それが根本治療となりうる理由など・・・説明を頭で理解して→体感して納得する、または、体感したことを裏付ける根拠を解説というように、頭と体の両方で理解が深まりました。

お弁当の時間は、大きな円座になってエゴスキューを絡めながら自己紹介をしました。

自己紹介では、たくさんの生の体験談をお聴きすることができました。
例えば、若い方が事故をきっかけで慢性痛を抱えることになった体験や、同年代の方が突然スーパーで歩行困難になった体験からは、誰でも日常的に起こりうることと知りました。

音楽家やダンスをされている専門家の方からは、さらなる能力向上のためにエゴスキューを活用している話がありました。何かに打ち込んでいる方々はとても輝いているし、向上心を持ち続けていることに対して敬意をもちました。

個人セラピーに出会って間もない方が「痛みが出たが使っていなかった筋肉が目覚め始めた証拠だと理解して続けた」とお話されていました。ご自分の体はご自分がよくお分りなのだな、と感じました。

既に個人セラピーの8回コースを卒業された方が「今はスキー山登りバンバン」と明るく語る姿からはパワーをいただきました。

エゴスキューを続けるうちに古傷が痛むようになった経験を持つ施術家の方が言うには「痛みは出た方がいい、痛い方が自然」とのこと。

痛みを無視し続けると痛みの感覚が麻痺してしまうこともある、痛みを感じるようになったのはゆるんできた証拠、どうやら脳は一番痛いところしか認識しないようだ、他が痛く感じる時があるが、それは今までも原因はあったものの感じていなかっただけで、一番の痛みが解決されたことによって認識できるようになったことによるものなのではと分析されていました。

まさにピート・エゴスキュー氏のいう「痛みは恐れるものではなく、理解すべきものだ」という言葉を具体的に示唆いただいた感じでとても参考になりました。

また、75歳でエゴスキューのトレーナー認定試験に挑戦して合格した方からは、いくつになられても貢献したいと望む、その尊い想いに刺激を受けました。併せて、土台である体の改善があってこそ高い志が発動したのだろうと、心と身体の関係性を改めて実感しました。

みなさんとエゴスキューの魅力を共有し、効果を再確認しました。さらに、その信頼がゆるぎない確信に変わる時間だったように思います。

お話だけでなく、実際に、当日、歩くことが辛そうだった方が、あるエクササイズで動きが楽になり、大きく何度も足踏みを繰り返す姿を目の当たりにしました。その表情から、それまでの悩みや不安の大きさ、身体の変化に対する喜びや安心、今後への希望が見てとれました。

エクササイズの時間には、その場で体験して帰るだけでなく、自宅で実践することや、ご家族や周りの方に伝えることを前提にした細かいポイントも説明され、その理由も具体的に解説がありました。
外せないポイントと、自分のペースで伸ばしていけばよい部分を明確に区別して説明していて「無理をしない」「自分の健康は自分で責任をもつ」という言葉の意味が伝わってきました。
やる・やらない、続ける・続けない、どのくらいやる・どんなペースでやる・・・すべてが自分で選択できるが、その選択をするためには、自分の体の声に耳を澄ますことが必要だということが理解できました。

エクササイズがどのような体のメカニズムを考慮して作られているのかを知ることで、他の療法との違いが鮮明になりました。
エクササイズをやりづらいと感じた時の陥りがちな例、苦手な理由、ステップアップ方法なども紹介されました。「無理をしない」というルールの理由や具体例がつかめました。

最後に、エクササイズの大事なポイントについて実際にできているか、2人組でチェックしました。受講後も自宅で続けるのですから、自己流になっていないかどうか確認することが安心につながると思いました。

2日目は、エゴスキューのめざすもの、筋肉の連鎖に刺激をかけることの重要性、めざす姿勢について再確認したあと、姿勢を観る時のポイント、姿勢の3つの分類とその特徴が説明されました。
ただ、ゆがみの見方の知識をどう使うかという点で留意すべきとして、決めつけ・ジャッジをしないこと、という話があり、あくまでも相手のためのものだということを意識することができました。

実際に、特徴的な姿勢をモデリング(真似っこ)してみて、その姿勢をとった時の痛みや気持ちを感じてみる時間もありました。心と体は密接につながっているということについて体感しました。

その後、3人組のチームに分かれて、お互いの姿勢の特徴を簡単に分析し合いました。
どなたにも多少のゆがみはあるのだなということや、少ないポイントを観るだけでも分類できることがわかったと思います。

後半は、その分類向けに作られた姿勢改善用のメニュー(プログラム)を実際に体験しました。
家族や周りの方にお伝えする時や自分で実践する際に知っておくとよいことして、3つに分類された歪みを解消する優先順位や1つ1つのエクササイズがもたらす効果の多様性(いろんな効果が期待できる)、メニュー(エクササイズの組み合わせ)の順番には意味があることなども説明がありました。

最後に、3人組のチームに戻って、エクササイズ実践後の姿勢の変化をチェックし合い、その効果を実感しました。
今日できた結果はいつでも出せること、だれにでもできることなのだ、との言葉があり、その再現性という点にエゴスキューの底力を再認識させられました。

チャレンジへ誘うワークがあったり、選択の主導権は自分にあることを意識づけするコーチング的言葉がけがあったりと、体操だけではない学びがありました。
また、飲み物・食べ物・睡眠などの健康情報も話題にあがり、充実した2日間でした。


トレーナー養成コースの一環でグループ講習に参加。
内容が記憶に残り、参加者同士が仲良くなる工夫がまんさい。

川元真理 さん

かわもとまり
川元真理 さん
40代 千葉県
主婦
 

私は、2014年2月に初めてグループ講習会に参加してから、トレーナー養成コースに進み、今回は1日目だけですが、5回目の参加でした。
今回は、総勢30名ほどの皆さんが参加され、遠くは福岡、名古屋の方もいらっしゃいましたが、関東圏の方が多かったようです。

参加したきっかけとしては、体に痛みを抱えていて、医師に手術を勧められたけれど他に何か良い方法は無いかインターネットで検索していて辿りついたという方、セラピーを8回コース終了して、今後どうしようかと考えていたという方、エゴスキューがテレビで紹介された番組を見てという方も数人いらっしゃいました。また、ヨガなどをある程度やっているが、自分の痛みで悩んでいて効果のある方法を知りたくて、という方もいらっしゃいました。自分もそうでしたが、何らかの痛みや身体の不都合を抱えていて何とかしたい方が多いと思いました。

グループ講習は、2日間ありますが、痛い人でも自分のペースで参加できるので、この日、少し体調の良くなかった私も安心して参加できました。

1日目に痛み解消のエクササイズを体験し、2日目には、理想の姿勢の見方と、ゆがみの見方、そのゆがみ解消エクササイズを体験します。

1日目は、講義やエクササイズをいろいろと体験する以外に、参加者の自己紹介の時間があり、痛みで悩んでいた皆さんの改善の体験談を聞くと勇気がもらえます。中には70代の方もいらっしゃり、その方が改善に向けて前向きにがんばっている様子を聞くと感動で胸がいっぱいになります。

例えば、講師の水野さんが、痛みがあると話された方に「今、どこにどんな痛みがありますか?」と聞いていました。そのうえで、痛みは抽象的なもので、お医者様でも、治療院の先生でもその痛みをわかる人はいない、分かるのは自分だけなんです。そして自分でも変化がわかるように数値化すると良いです。と話していて、どのような痛みなのかを自分で感じ、言葉でも表現することで、自分で理解できることにつながると思いました。

毎回そうですが、講師の荒さんと水野さんと参加者との会話は、参加者に答えを伝えるだけでなく、参加者本人が自分で考えて、何が問題なのかなどを気づくきっかけ、また周りの皆にも考える機会を与えてくれている大切な時間となっていました。

例えば、荒さんの講義の中では、理想の姿勢についての説明で、建物を例に出して話すのですが、建物の柱はなぜ、垂直なんでしょうか?とか、肩の関節が他の関節と違うところは?などの問いかけがあり各自で考えます。そのため答えを言った方も聞いている人も記憶に残ります。

エクササイズ体験のあとの感想を参加者同士で話す時間もあるのですが、講師から「ここでは自分の気持ちを素直に表現してもいいです。格好つけなくていいです」と言ってもらうことで、皆さん自然に自分の気持ちを話し、すぐに仲良くなっていきます。休憩時間などは、参加者同士の会話も盛り上がっています。

他に今回は、12月のグループ講習特典の、冬対策のエゴスキューがとても参考になりました。自分は冷え症で寒がりなので、タワー(エゴスキューのエクササイズの1つ)をする時など毛布を2枚かぶっても寒がってやっていました。エアコンで部屋中を暖めてやるしかないと思っていましたが、電気毛布という良い方法を教えていただき、心地よくできてうれしいです。筋肉がスルメのように固く縮まないように我慢せず、楽しくほっこりやりたいです。ここでも、水野さんから、姿勢が前かがみ、縮こまるとどうなると思いますか?という問いかけがあり、ウーンと皆考えました。呼吸しにくくなる、内臓を圧迫する→血流が悪くなる。逆に、胸が開いて呼吸しやすくなると身体が温かくなるとしたら、なぜかわかりますか?との問いかけで、燃焼する時には酸素が必要、筋肉を動かして酸素をたくさん取り入れることで温かくなる。とジグソーパズルのように少しずつ疑問が解けていく感じで理解できました。

先ほども書きましたが、実はこの日、自分の体調も悪く頭痛があって、朝出掛けるのもおっくうだったのですが、ちょうど頭痛にぴったりのEサイズ、スタテックバックプルオーバーズの紹介があり、なぜ、頭痛に効果的なのかという点も理解できました。そして、お昼に近づいた頃には痛みが気にならなくなるほどに回復し、午後にはすっかり良くなりました。

前かがみ姿勢になっていてふらつき感があった年配の方も、水野さんが少し個別にEサイズ指導をしていて、だいぶまっすぐに改善していました。その方に合ったEサイズをちゃんとやると、こんな短時間でも変わる事実に驚きました。

自分が初めて受けた時を思い出してもそうですが、Eサイズを一生懸命見よう見まねでやっている時は、このやり方で良いのか悪いのか不安なものですが、状態をみて講師の方に声をかけていただけるととても安心でうれしいものです。

自分も人に教える時には、その点に特に配慮して、お一人お一人に声をかけるようにしたいと思いました。

トレーナー養成コースの受講生は、再受講で何度も学ぶことができます。毎回、朝始まる時に、講師の水野さんからワンポイントレッスンがあります。「再受講なので講師の講習の進め方や、参加者の姿勢、その他の変化に注目してみて」「はじめてのお客さん達が一人で困っていないように気がついたらフォローをお願いします」などの話があり、自分の焦点を皆さん全体に向ける助けになりました。また、講師として人前に出る時に緊張しない方法や、気分が滅入っているときに、すぐに元気になる方法として、自分が好きな、テンションの上がる音楽を集めておいて聴くのも良いよと教えてもらい、気分を変えるツールを幾つか持って、普段から使えるように準備しておこうと思いました。

水野さんや荒さんのように、考えさせる問いかけと、ひとりひとりへの声かけをして、エゴスキューを楽しんで理解していただけるよう、引き続き学んでいきたいと思います。講習会に参加できて感謝です。ありがとうございました!



このページでご紹介している体験者の喜びの声は、個人の感想であり個人差があります。効果効能をうたうものではありません。 こちらのページで紹介している映像、写真を含むすべての情報には肖像権および著作権が含まれています。一切の転載、転用はご遠慮ください。 お知り合いにご紹介いただける際には、このページのアドレスをそのままご紹介ください。