現代人の多くの人があてはまります。主にデスクワークに従事する人、肉体労働の中でも1日の大半を1カ所で立ちっぱなし、あるいは座ったままで仕事を行う人。車やバス、電車で通勤する人々、学校に通う子どもたち、自宅で毎日のんびりと過ごす人、テレビやテレビゲームばかりしている人、これらすべての人たちが、運動不足または偏った体の使い方により、姿勢がゆがみ、痛みなどを生じるリスクが高い人ということになります。