N.Uさん (40代、女性、大阪府)


NUsan-5 NUsan-1 NUsan-2

今から14年前、臀部に激痛が走り、その一年後再び痛みがあり、両股関節先天性臼蓋形成不全(りょうこかんせつせんてんせいきゅうがいけいせいふぜん・大腿骨を支える臼蓋と呼ばれる箇所の形状が生まれつき不完全なため、股関節の痛みを起こす)と診断されました。
スポーツ整形外科で超音波や電気治療、理学療法士によるストレッチや筋トレの指導を受けましたが、痛みのない時はストレッチや筋トレが習慣付かず、痛くなったらやってみるという感じでした。

そんな折、エゴスキューに体験者の声を寄せておられる方を通じて、エゴスキューを知りました。

一日も欠かさずEーサイズ

2015年2月末日に名古屋のスタジオで個人セラピーを受けてから本日まで、Eーサイズを一日も欠かさず実施しています。現在は8回コースを終え、メンテナンスコースを受けています。(※Eーサイズは、エゴスキューのエクササイズのことです。)

ここ数年はちょっとした山道を歩いたり、ロードバイクで100キロ以上走ったりすると、その数日後に膝や足首に疼痛(とうつう)が走るようになっていました。しかもじっとしている時に痛みが襲ってきていました。また、愛犬の散歩も苦痛で、一昨年の今ごろは重い脚と体でゆっくり歩いていたことを思い出します。

エゴスキューを始める前には、股関節を守る為、多くのNG行動が・・・

そのため、必要以上に歩かない、走るのは厳禁、階段を下りるのもNG、重いものを持たないなど、股関節を長持ちさせるために気を付けることがたくさんありました。正直、「先天性」という病名やネットの情報で母を恨んだこともありましたが、間違いでした。

今では、登山もロッククライミングも出来るように!

エゴスキューで筋肉を機能的にすれば私の股関節には何の問題もないのです。

今は、脚が痛かったり体が重たかったりしたことが嘘のような毎日です。このごろは、主人が「私にずいぶん歩かされる」とぼやくほど。また、エゴスキューを始めてから半年後には徳島の剣山に行くことができ、さらに、2年前には登れなかったロッククライミングに、今年は登ることができました。自分でもびっくりです。

大好きなキャンプや山歩きなど、なんでも楽しめるようになりました。

そして足が痛くなっても自分で治せます。また、マラソンも始めるべくまずは道具から揃えています。

今、この体験談を読んでいる方には、とにかくやってみて欲しいです。診断名に縛られて、レントゲン写真を見せられて落ち込まずに自分を信じて欲しいです。

今よりももっと楽しい人生を

エゴスキューは毎日やるのが必須ですが、私自身も絶対無理だと思っていました。でも股関節の痛みのせいであれもできない、これもできないなんて悔しすぎます。
今よりもっと楽しい人生を送るために、一歩を踏み出してほしいです。