創始者ピート・エゴスキュー氏の名前が由来

エゴスキュー氏は、ベトナム戦争に従軍して、負傷。痛みと体の不調に苦しみましたが、どんな医者も、どのような治療や方法も彼を助けることはできませんでした。 そこで、エゴスキュー氏は自分で人間の体の構造や仕組みなどを研究模索しながら、「筋肉を再教育する」ことで、痛みやゆがみ、体の機能を改善するという「エゴスキュー・メソッド」を独自で開発したのです。
当時の様子を振り返り、エゴスキュー氏は次のように語ります。

寝たきり体験から編み出された「エゴスキュー・メソッド」

1969年、ベトナム戦争のさなか、アメリカ海兵隊の一員だった私は、ひどく負傷して、病院船の集中治療室のベッドに横たわっていました。
体をまったく動かさない状況が続けば、遠からず体のあちらこちらの機能を失ってしまうことになります。
寝たきり状態が続いた私は、ある日、自分がまっすぐ立つことも、歩くこともできなくなっていたことに、愕然としました。

一般的には、ケガをしたら休むことが、最良の治療法だと考えられています。しかし、体を使わなければ筋肉は確実に衰えていくことを、私はこのときに身をもって体験したのです。
その後、私は集中的にリハビリテーションを行い、自分で模索し、あきらめずに努力を重ね、体を動かし続けました。 そして徐々に回復し、体の機能を取り戻していきました。

その体験から、人間の体とは本来どのようにできているのか、何を真に必要としているのかを学ぶことができました。
軍を退いてからも、生体力学、機能的解剖学、運動療法などの研究に没頭しました。そして20年以上の研究、試行錯誤を重ね、医療現場での適用や実証実験などを経て、エゴスキュー・メソッドが誕生したのです。 ※2012年現在では40年以上の実績となっています。

「エゴスキュー・メソッド」を使えば

治らないと思っていた慢性痛や体のゆがみでも、簡単によくなります。それは、私たち人間は、自分の体の中に自己治癒力を高め、痛みから解放される力をすでにもっているからです。
しかし、残念なことにそれを知らず、自ら動くことをやめ、体を使うことを怠り、ただただ痛みに苦しみあえいでいる人々が、なんと多いことでしょう。

痛みの根本的な原因は、筋肉が正しく働いていないこと

私たちは動くために生きているのです。「体を動かさない生き方」とは、徐々に死に近づいていくこと以外の、何ものでもありません。
ほかの治療法では、痛みはたとえ一時的にはおさまっても、また戻ってきます。なぜなら、痛みの根本的な原因は、筋肉や骨格が正しく働いていないことだと気づいていないからです。
人間の体とは、外部からのいかなるものにも影響されずに、健康と生命を保ち続けるだけの、確固とした力をもっていると私は信じています。しかし、その宝さえも、使わなければ簡単に失ってしまうのです。

TRIAL

はじめての方へ
上記3つのサービス受講を迷っている方に向けて、エゴスキューを体験できるサービスもご用意しています。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

セラピストとマンツーマン個別で体験

あなた自身の体の悩みや不安をじっくり相談したい

  • マンツーマンで相談や体験をしたい方
  • 痛みでほとんど動けない方
  • 歩行が困難な方 など…
詳細はこちら

複数の方とみんなで体験

一人では不安… まずは楽しく試してみたい

  • ご家族や友人、他の参加者のみなさんと一緒に
    楽しく体験したい方
  • 体験会で他の方の姿勢の変化や効果なども見たい、
    知りたい方 など…
詳細はこちら